2019年5月12日 (当日の馬場情報)

2回東京8日目WIN5 

11

第14回 ヴィクトリアマイル(GI)

(指定),牝馬(国際),4歳以上,オープン,定量

(芝B・左)

晴・良

  1. 10500万
  2. 4200万
  3. 2600万
  4. 1600万
  5. 1050万

レコード1.31.3

推定タイム

*.**.*

**

前走の勝因敗因



馬 名 前走の勝因敗因 次走へのメモ

1

1 アマルフィコースト

 アマルフィコースト(2着)坂井瑠騎手 前走が早目に抜け出す形でしたから、そこには気をつけていました。距離にメドを立ててくれましたし、よく粘ってくれていますよ。選択肢が広がりましたね。

アマルフィコースト……大外枠だったが、サッと2番手の外へ。道中はダイアナヘイローを深追いせずに運んで、直線の残り300メートルで一旦は抜け出していた。そのあと外のミッキーチャームに交わされたが、ガッチリと2着を確保。重賞で続けて好走。イレ込みが治まってきたことで、確実に力をつけている。

1

2 レッドオルガ

 レッドオルガ(7着)北村友騎手 もう少しいいポジションを取りたかったのですが、3~4角でゴチャつき外を回るところも。右回りはコーナリングがうまくないところもありましたしね。

レッドオルガ……スタートで出遅れ、そのあと促していたが、リカバーがうまくいかず後方から。3角手前では不利があったラッキーライラックのアオリを受けて外へ振られてしまう。直線は外でよく伸びているだけに惜しかった。

2

3 クロコスミア

 クロコスミア(5着)岩田康騎手 抜け出すだけのスペースがなくて、伸びかけたところでブレーキをかける形になってしまいました。まだ脚が残っていただけに、前が開いていれば違ったでしょうね。

クロコスミア……飛び出しは良かったが、外のダイアナヘイローにハナを譲って好位のインから。追われてすぐは他より反応が鈍かったが、ラストはアマルフィコーストの外で渋太く詰め寄って5着へ。渋太さが身上のタイプ。上がりを要す決着なら、もっとやれていた可能性はある。

上へ