2018年12月8日 (当日の馬場情報)

5回中山3日目

11

師走ステークス

(特指),国際,3歳以上,オープン,ハンデ

(ダート・右)

晴・良

  1. 2200万
  2. 880万
  3. 550万
  4. 330万
  5. 220万

レコード1.48.5

推定タイム

*.**.*

**

前走の勝因敗因



馬 名 前走の勝因敗因 次走へのメモ

1

1 マインシャッツ

 マインシャッツ(7着)幸騎手 前残りの競馬になりましたが、この馬自身ハミ掛かりが今イチで……。もっとやれるはずですけどね。

マインシャッツ……アオり気味に出て離れた最後方から。3角から気合をつけて押し上げてきたが、直線ではまったく反応できなかった。

1

2 アングライフェン

 アングライフェン(2着)三浦騎手 ジックリ運んでほしいとの指示でした。途中でペースが流れたのも良かったと思いますし、終いはよく伸びてくれました。あそこまでいったら勝ちたかったですが、勝った馬は53キロで斤量が軽かったですし、よく頑張ってくれました。

アングライフェン……ダート巧者が揃ったここに入ると細いくらいの馬体。出遅れて最後方から。道中は無駄に動かず、3角過ぎから徐々に前との差を詰め、4角手前から勢いをつけて上がっていく。メリハリの利いた競馬で最後は2着に浮上。

2

3 クイーンマンボ

 クイーンマンボ(4着)ルメール騎手 徐々にペースを上げて勝負どころで取りつけたし、ラストもしっかり脚は使っていた。前回時よりレース内容は良かったと思う。

クイーンマンボ……中団追走。直線はジワジワと伸びていたが、手前が替わらなかった分、スパッとは切れず。ただ、レース間隔を詰めたことでキッチリと巻き返してはきた。

上へ