2018年4月1日 (当日の馬場情報)

2回阪神4日目

11

第62回 大阪杯(GI)

(指定),国際,オープン,定量

(芝B・右内)

晴・良

  1. 12000万
  2. 4800万
  3. 3000万
  4. 1800万
  5. 1200万

レコード1.57.6

推定タイム

*.**.*

**

前走の勝因敗因



馬 名 前走の勝因敗因 次走へのメモ

1

1 ミッキースワロー

 ミッキースワロー(2着)菊沢調教師 タテ長の展開になり、難しい競馬になりました。ただ、後ろのポジションにつけたのは予定通りでしたし、そこからジワジワ上がっていくレースができたのは、今後に向けての収穫になりました。これから距離を延ばしていくという意味では、いいレースができたと思います。目標は天皇賞ですが、このあとは在厩調整をするのかどうかを含めて、様子を見ながら決めたいと思います。

ミッキースワロー……クロス鼻革。キッチリ仕上がる。一歩目は遅かったが、今日は出たなりで後方から。向こう流しで外へ出し、残り半マイルからスパート、4角3番手で直線へ。一瞬内にモタれ、そこから体勢を立て直し、ゴール寸前で渋太く2着浮上。本質的には軽い馬場向き。

1

2 サトノダイヤモンド

 サトノダイヤモンド(3着)ルメール騎手 休み明けで反応が遅かったけど、最後はいい脚を使ってくれた。ゴール後も伸びていたからね。次走はもっとパワーアップしているはずだよ。

サトノダイヤモンド……マズマズ仕上がる。出たなりで5番手の外から。スローな流れだったが、折り合いはスムーズ。4角を回ってからダッシングブレイズの外へ出して、ラストはサトノノブレスによく詰め寄ってきた。1週前までの動きが物足りなかったことを思えば、及第点と言える内容。力は見せている。

2

3 ヤマカツエース

 ヤマカツエース(4着)池添騎手 返し馬の息遣いがいい感じではなかったです。直線で仕掛けたら動けるはずなのですが、重たかったですね。使って良くなると思いますよ。

ヤマカツエース……12キロ増で少し余裕のある体つき。好位のインから。多少はハミを噛んでいたが、許容範囲。4角ではスワーヴリチャードの外へ進路を取って間合いを詰めてくる。直線の坂から伸びあぐねたが、次走は上積みがありそう。

上へ