2018年4月1日 (当日の馬場情報)

2回阪神4日目

8

サラ4歳以上

[指定],(混),1000万下,定量

(ダート・右)

晴・良

  1. 1050万
  2. 420万
  3. 260万
  4. 160万
  5. 105万

レコード1.08.8

推定タイム

*.**.*

**

前走の勝因敗因



馬 名 前走の勝因敗因 次走へのメモ

1

1 ブライスガウ

 ブライスガウ(4着)和田竜騎手 遊ぶようなところはなかったですよ。流れは速かったですが、フワッとすると嫌なのでついていきました。最後までしっかり走ってくれましたし、被されても大丈夫でしたね。

ブライスガウ……好仕上がり。楽な感じで好位のイン。4角手前の反応が少し鈍かったが、直線はバテずにジリジリ伸びてきた。久々を考えれば、上出来と言えるのでは。

1

2 タガノカトレア

 タガノカトレア(12着)菱田騎手 人気馬を射程圏に入れながらのレースをしたのですが、3~4角ではもう手応えがなかったですからね。ハッキリとした敗因がよく分かりません。

タガノカトレア……仕上がる。イレ込み気味。出たなりで中団のやや前。道中も無理せず追走していたが、勝負どころで余裕がなくなり、直線に向いて一杯。

2

3 アテンフェスタ

 

アテンフェスタ……好位から仕掛けつつ先頭を窺う積極的な競馬。踏ん張り切れなかったあたりはクラスの壁かも。

上へ