2018年1月27日 (当日の馬場情報)

2回京都1日目

12

サラ4歳以上

[指定],(混),1000万下,定量

(ダート・右)

曇・稍重

  1. 1050万
  2. 420万
  3. 260万
  4. 160万
  5. 105万

レコード1.21.7

推定タイム

*.**.*

**

レース結果





馬名 性齢 重量 騎手 タイム 着差 通過順位 4角
位置
前半
3F
上り
3F


単勝
オッズ


増減 厩舎
1 *

8

15 トウケイワラウカド 牡5 57 四位 1.25.1
    ****
* * 36.5 6 19.6 498 -2 飯田祐
2 *

7

14 メイショウラケーテ 牡4 56 池添 1.25.1 ハナ
    ****
* * 37.7 5 7.8 464 -2 松永昌
3 *

6

11 トウカイシュテルン 牝4 54 和田竜 1.25.3 1 1/2
    ****
* * 37.7 3 5.3 484 +6 松元茂
4 *

1

1 ヴェンジェンス 牡5 57 1.25.4 クビ
    ****
* * 38.1 1 3.0 486 -2 大根田
5 *

2

4 モアニケアラ 牝6 55 古川吉 1.25.4 クビ
    ****
* * 36.1 9 51.0 466 +4 松永幹
6 *

4

7 マルカソレイユ 牝4 54 岩田康 1.25.5 クビ
    ****
* * 36.0 2 3.9 476 +2 今野
7 *

2

3 リアルプロジェクト 牡6 57 酒井学 1.26.0 3
    ****
* * 37.5 7 20.6 536 +8 羽月
8 *

1

2 ワキノアタリ 牝5 55 小牧太 1.26.1 1/2
    ****
* * 38.3 10 52.1 462 -6 松下
9 *

6

12 アイファーサンディ 牡6 57 高倉 1.26.1 クビ
    ****
* * 37.2 15 426.9 466 -2 加藤敬
10 *

7

13 シゲルメジロザメ 牝5 55 鮫島駿 1.26.2 クビ
    ****
* * 37.6 12 192.5 454 0 高橋康
11 *

5

9 ペプチドアルマ 牡6 57 畑端 1.26.2 クビ
    ****
* * 37.9 8 34.4 468 +8 作田
12 *

4

8 タガノカトレア 牝4 54 菱田 1.26.6 2 1/2
    ****
* * 38.6 4 6.2 432 -4 岡田
13 *

3

6 ワンダーヴァローレ 牡6 57 小坂 1.27.1 3
    ****
* * 38.7 14 326.2 520 +8 奥村豊
14 *

8

16 カフジオリオン 牡6 56 荻野極 1.27.2 1/2
    ****
* * 39.8 11 79.5 502 0 中竹
15 *

3

5 ヴィーヴァギブソン セン11 54 三津谷 1.27.7 3
    ****
* * 38.1 13 257.5 532 +8 作田
取消 *

5

10 ヴィーナスフローラ 牝4 54 川島信
    ****
* * 須貝尚

※成績、配当は主催者発行のものと照合し確認してください。

※上り3F最速の馬は赤字で表示しています。 ※タイムの赤字はレコードを表します。

コーナー通過順
**** ********
**** ********
**** ********
平均ハロンなど
平均ハロン ****
上り ****
ペース **
決め手 ****
馬装具 ****
発走状況 ****
通過タイム
600m 800m 1000m 1200m
35.0 47.3 59.6 1.12.2
ラップタイム
200m 400m 600m 800m 1000m 1200m 1400m
12.2 11.0 11.8 12.3 12.3 12.6 12.9
払戻金
単勝

15

1,960円

馬単

15-14

16,440円

複勝

15

14

11

400円

240円

200円

ワイド

14-15

11-15

11-14

1,940円

1,560円

710円

枠連

7-8

3,590円

3連複

11-14-15

12,890円

馬連

14-15

7,020円

3連単

15-14-11

105,100円

勝因敗因

 トウケイワラウカド(1着)四位騎手 ノドの関係もあって1800メートルは長いかもしれないということで1400メートルへ。坂路では抜群の動きをする馬。残り600メートルで脚を使わすイメージで乗ったけど、うまいこといったね。

次走へのメモ

トウケイワラウカド……発馬でアオり、スタート直後は最後方。3角手前から少しずつポジションを上げ、4角手前で仕掛けられた時に即座に反応。4角で前を射程圏に入れると、最後まで脚勢は衰えることなく、ゴール寸前でメイショウラケーテを交わしていた。距離短縮で一変。

前へ

上へ