2018年4月22日 (当日の馬場情報)

3回京都2日目

12

サラ4歳以上

[指定],(混),1000万下,定量

(ダート・右)

晴・良

  1. 1050万
  2. 420万
  3. 260万
  4. 160万
  5. 105万

レコード1.09.1

推定タイム

*.**.*

**

前走の勝因敗因



馬 名 前走の勝因敗因 次走へのメモ

1

1 フジノパンサー

 フジノパンサー(4着)丹内騎手 ブリンカーを着けて集中していました。テンから強めの扶助で集中させて走らせようと思っていたんです。これでメドが立ちましたね。

フジノパンサー……初ブリンカー。仕上がり良好。好スタートを決め、ハナに並びかけるほどの抜群の行きっぷり。絶好の手応えで直線を向いて、一旦先頭のシーン。速い流れを追いかけた分、最後は甘くなったが、ダートで変わり身を見せた。

1

2 メジャーガラメキ

 

 

2

3 ブレーヴブラッド

 ブレーヴブラッド(1着)横山武騎手 ここにきていい競馬が続いていました。馬の状態も良かったと思います。口向きの難しいところはありますが、ペースも流れてリズム良く運ぶことができました。最後はしっかり伸びてくれましたし、力のある馬です。

ブレーヴブラッド……▲54キロ。レース序盤は中団の外目を追走。3角手前で一歩引いて内に潜り込み、コースロスを最小限にとどめて、直線の入り口でマルクデラポムの外へ。そこから一完歩毎に差を詰め、ゴール寸前で先に抜け出したダノンコスモスを捉えた。

上へ