2022年5月14日 (当日の馬場情報)

2回東京7日目

1

3歳未勝利

牝馬

(ダート・左)

小雨・不良

  1. 520万
  2. 210万
  3. 130万
  4. 78万
  5. 52万

レコード1.33.8

推定タイム

*.**.*

**

前走の勝因敗因



馬 名 前走の勝因敗因 次走へのメモ

1

1 サクラジェンヌ

 サクラジェンヌ(3着)永野騎手 今回は久々でしたが、やはり広いコースが向いています。3~4角で手応えが怪しくなる場面がありましたが、直線では伸びてくれました。この距離も合いますね。

サクラジェンヌ……△52キロ。細いくらいの仕上がり。スタート直後に寄られ頭を上げる。序盤は後方から。3角から押っつけて上昇、4角では気難しさを覗かせるが、直線リズムを整えてからは集中した走り、力強く伸びる。次につながる3着。

2

2 エターナルプライド

 エターナルプライド(3着)武士沢騎手 前を捉えにいく形で終いが甘くなってしまいましたが、そういう競馬ができたことは収穫ですし、堅実味が出てきましたね。これからが楽しみになってきました。

エターナルプライド……シャドーロール。連闘→中1週だが、好調で馬体増に好感。行きっぷりが良く、レースの形も良かった。牝馬限定戦で着順がアップ。更に前進は可能。

3

3 ラブベティー

 ラブベティー(2着)田辺騎手 今日は好スタートを切ったことで気分良く走れていました。イレ込む面が出てきたので、これから落ち着いてくれればいいのですが。

ラブベティー……細身の造り。仕上がる。スタート、二の脚速く自然体で先行。ペースを緩めず逃げ、4角で引きつけて直線は見事な二枚腰。後続に5馬身差は決定的。充電効果大で、休む前とは一変。

上へ