2019年4月28日

3回京都3日目WIN5 

11

発走

15:40

第159回 天皇賞(春)

(指定),国際,4歳以上,オープン,定量

(芝C・右外)

  1. 15000万
  2. 6000万
  3. 3800万
  4. 2300万
  5. 1500万

前走の勝因敗因

馬 名 前走の勝因敗因 次走へのメモ
ヴォージュ

 ヴォージュ(8着)和田竜騎手 コーナーで離された時にうまくハミが抜けたが、前回ほど展開は楽ではなかったね。

 

エタリオウ

 エタリオウ(2着)M.デムーロ騎手 残念です。序盤はいつもより噛んでいましたが、そのあとは折り合いがつきました。ペースが遅かったので少しずつ上がって行きましたが、先頭にいた勝ち馬は楽をしていましたからね。今日は久々の分もあったと思いますし、最後は坂を上がったところで苦しくなりました。
友道調教師
 昨年までは真面目に走らなくてチークピーシズやブリンカーを着けましたが、今日は真面目に走ってスタートからハミを噛んでいましたし、ジョッキーが意図していないのに途中で動いてしまったようです。これまでは深いブリンカーを着けていましたが、天皇賞では浅くするつもりですし、調教なども工夫してみます。

エタリオウ……仕上がる。力むのをなだめつつ、中団追走。向正面でスッとポジションを上げてメイショウテッコンの外へ。直線で懸命に前を追ったものの、なかなか差が縮まらなかった。これで7度目の2着。堅実だが、あともうワンパンチ。

カフジプリンス

 カフジプリンス(2着)中谷騎手 道中はリラックスして走れていましたし、長丁場が合っています。ただ、相手の手応えが違い過ぎました。交わされてからもよく食らいついてくれています。

カフジプリンス……中団。2周目の3角手前でシャケトラが動いた時、間髪を入れず追撃態勢に入り、そこから押して押してステッキも入れて食い下がり、4角で3番手。ラスト100メートルで粘るロードヴァンドールを交わしていた。長距離で持ち前の渋太さを発揮。

上へ