2019年2月16日 (当日の馬場情報)

1回東京7日目

10

金蹄ステークス

[指定],(混),4歳以上,1600万円以下,定量

(ダート・左)

晴・良

  1. 1820万
  2. 730万
  3. 460万
  4. 270万
  5. 182万

レコード2.06.7

推定タイム

*.**.*

**

前走の勝因敗因



馬 名 前走の勝因敗因 次走へのメモ

1

1 ニーマルサンデー

 ニーマルサンデー(6着)大野騎手 休み明けにしては状態が良かったです。ただ、タフな展開になったのがキツかったですね。条件的には中山1800メートルでも大丈夫だと思います。

ニーマルサンデー……チークピーシズ。仕上がる。中団のインで脚を温存。勝負どころの3~4角で脱落。直線でバテた馬を交わしただけ。叩いての良化に期待。

2

2 サトノティターン

 サトノティターン(11着)モレイラ騎手 大外枠だったので、スタートからポジションを取りにいきました。レース中は手応え良く運べていたのですが、直線で少し狭くなる場面があって、リズムが崩れてしまいました。

サトノティターン……無理に行く気はなく好位直後から。3角から押して進出を図るが、反応はもうひとつ。直線では内外からどんどん交わされて馬群に沈んでしまった。

3

3 マイネルクラース

 

マイネルクラース……ダッシュつかず。後方から運んで、直線はそれなりに脚は使っているが、今日の展開、時計ではここまでが精一杯。

上へ