2018年12月2日 (当日の馬場情報)

4回中京2日目

12

鳴海特別

[指定],(混),3歳以上,1000万円以下,定量

(ダート・左)

晴・良

  1. 1500万
  2. 600万
  3. 380万
  4. 230万
  5. 150万

レコード1.10.0

推定タイム

*.**.*

**

前走の勝因敗因



馬 名 前走の勝因敗因 次走へのメモ

1

1 キタサンデイジー

 キタサンデイジー(1着)西村淳騎手 スタートが良く、スッと2番手につけられたし、競馬がしやすい馬でハナでなくでもスムーズでした。直線で一旦は交わされたけど、斤量の軽い3歳牝馬で減量起用の分、盛り返してくれましたね。よく頑張ってくれました。

キタサンデイジー……2列目の外から。行きっぷりが良かった。直線で先頭へ立ったあと、残り1ハロンではヨドノビクトリーが並びかけてきたが、渋太い粘り腰を発揮。ラストではリードを広げていた。自身の時計を短縮しての連勝。

1

2 スターペスマリア

 スターペスマリア(5着)石橋調教師 内で包まれると揉まれ弱さが出てしまう。今日は外枠だったし、行きっぷりからして違っていたね。スムーズならこれぐらい動けていいはず。

スターペスマリア……スタートは良かったが、大外枠とあって2列目の外へつけるのがやっと。直線へ入ってほどなくヒップホップスワンに交わされて劣勢。ここで厳しくなった。5着とはいえ、上位からは水を開けられる。

2

3 スズカグラーテ

 スズカグラーテ(2着)内田博騎手 スタートが今ひとつだったために、他馬に前に走られてしまったね。それでもうまく外目に出せたので、そこからジワッと上がっていった。最後は勝ち馬にもうひと伸びされたが、この馬もいいレースをしているからね。コンスタントに走っている。

スズカグラーテ……好気配。発馬で躓いて後手。そこから外々を回って追い上げる厳しいレース。直線入り口で一瞬前を射程内に捉えたが、さすがにもうひと伸び利かず。スタートのロスが悔やまれる。

上へ