2020年2月22日 (当日の馬場情報)

2回京都7日目

11

第55回 京都牝馬ステークス(GIII)

(特指),牝馬(国際),4歳以上,オープン,別定

(芝B・右外)

曇・重

  1. 3600万
  2. 1400万
  3. 900万
  4. 540万
  5. 360万

レコード1.19.0

推定タイム

*.**.*

**

レース結果


M
y



馬名 性齢 重量 騎手 タイム 着差 通過順位 4角
位置
前半
3F
上り
3F


単勝
オッズ


増減 厩舎
1

*

8

17 サウンドキアラ 牝5 55 松山 1.23.2
    ****
* * 34.5 1 4.3 460 +2 安達
2

*

5

9 プールヴィル 牝4 55 岩田康 1.23.4 1 1/4
    ****
* * 34.9 6 12.9 446 +24 庄野
3

*

3

6 メイショウグロッケ 牝6 54 大野 1.23.6 1 1/4
    ****
* * 34.9 13 48.6 468 +8 荒川
4

*

6

12 アマルフィコースト 牝5 54 1.23.6 ハナ
    ****
* * 35.0 12 46.0 470 -4 牧田
5

*

1

2 ビーチサンバ 牝4 54 福永 1.23.8 1 1/4
    ****
* * 34.4 4 6.6 472 -4 友道
6

*

5

10 ディメンシオン 牝6 55 松田 1.23.8 クビ
    ****
* * 34.9 10 32.8 460 +12 藤原英
7

*

7

13 シゲルピンクダイヤ 牝4 55 和田竜 1.23.9 クビ
    ****
* * 34.8 2 5.0 462 +4 渡辺
8

*

3

5 リバティハイツ 牝5 55 松若 1.23.9 クビ
    ****
* * 34.7 14 53.0 468 +10 高野
9

*

4

8 プリディカメント 牝5 54 川島信 1.24.0 クビ
    ****
* * 34.4 11 45.8 516 0 吉村
10

*

6

11 ディアンドル 牝4 56 藤岡佑 1.24.0 クビ
    ****
* * 35.1 15 76.2 494 -2 奥村豊
11

*

4

7 メイショウショウブ 牝4 54 四位 1.24.0 アタマ
    ****
* * 35.6 8 24.5 502 +2 池添兼
12

*

2

3 リナーテ 牝6 56 武豊 1.24.1 1/2
    ****
* * 35.4 7 16.8 504 +6 須貝尚
13

*

7

14 ドナウデルタ 牝4 54 北村友 1.24.1 ハナ
    ****
* * 34.8 3 5.5 438 -4 石坂正
14

*

2

4 メイショウケイメイ 牝4 54 酒井学 1.24.2 クビ
    ****
* * 35.3 17 381.8 422 +4 南井
15

*

8

16 ノーワン 牝4 54 坂井瑠 1.24.2 ハナ
    ****
* * 34.7 9 24.8 488 0 笹田
16

*

8

15 モアナ 牝6 54 シュタル 1.24.3 1/2
    ****
* * 35.9 16 98.2 498 -12 高橋文
17

*

1

1 アルーシャ 牝5 55 ルメール 1.24.3 ハナ
    ****
* * 35.4 5 7.4 438 -2 藤沢和

※成績、配当は主催者発行のものと照合し確認してください。

※上り3F最速の馬は赤字で表示しています。 ※タイムの赤字はレコードを表します。

コーナー通過順
**** ********
**** ********
**** ********
平均ハロンなど
平均ハロン ****
上り ****
ペース **
決め手 ****
馬装具 ****
発走状況 ****
通過タイム
600m 800m 1000m 1200m
36.0 48.4 59.9 1.11.3
ラップタイム
200m 400m 600m 800m 1000m 1200m 1400m
12.5 11.8 11.7 12.4 11.5 11.4 11.9
払戻金
単勝

17

430円

馬単

17-9

5,300円

複勝

17

9

6

210円

350円

750円

ワイド

9-17

6-17

6-9

1,280円

3,030円

4,690円

枠連

5-8

2,160円

3連複

6-9-17

41,730円

馬連

9-17

3,200円

3連単

17-9-6

145,450円

勝因敗因

 サウンドキアラ(1着)松山騎手 重馬場はこなせるタイプなので、その点は心配してなかったですし、最終週で外が伸びると思っていました。京都コースとの相性がいいのも確かですが、馬自身が成長していますね。今日でもいい勝ち方をしてくれましたし、今後が更に楽しみです。

次走へのメモ

サウンドキアラ……発馬を決め、好位の外で流れに乗れた。道悪競馬とは思えない瞬発力を見せつけ、直線はスパッと抜け出す。これで重賞2連勝。完全に本格化した感があり、ヴィクトリアマイルに参戦しても有力な一頭になる。

前へ

次へ

上へ