2018年3月17日 (当日の馬場情報)

2回中山7日目

4

サラ3歳

(指定),(混),500万下

(ダート・右)

晴・良

  1. 720万
  2. 290万
  3. 180万
  4. 110万
  5. 72万

レコード1.48.5

推定タイム

*.**.*

**

レース結果





馬名 性齢 重量 騎手 タイム 着差 通過順位 4角
位置
前半
3F
上り
3F


単勝
オッズ


増減 厩舎
1 *

3

4 キャベンディッシュ 牡3 56 Mデムー 1.55.2
    ****
* * 38.9 3 5.1 484 0 小桧山
2 *

7

12 スウィングビート 牡3 56 内田博 1.55.5 2
    ****
* * 38.4 2 4.1 480 +2 加藤征
3 *

2

2 ゴライアス 牡3 56 大野 1.56.1 3 1/2
    ****
* * 39.1 1 2.7 490 +2 高木登
4 *

5

8 ネコワシ 牡3 56 北村宏 1.56.1 クビ
    ****
* * 38.6 9 36.6 492 -2 星野
5 *

4

6 モリトユウブ 牡3 56 蛯名 1.56.2 クビ
    ****
* * 39.3 11 69.6 486 +2 堀井
6 *

3

5 レオアルティメット 牡3 56 江田照 1.56.3 1/2
    ****
* * 40.0 12 78.5 522 -8
7 *

7

13 マイネルサリューエ 牡3 56 松岡 1.56.4 3/4
    ****
* * 39.7 5 12.8 496 -4 上原
8 *

6

11 マイネルアンファン 牡3 56 柴田大 1.56.4 ハナ
    ****
* * 39.1 6 14.9 486 -6 和田郎
9 *

8

14 エクレアハンター 牡3 56 石橋脩 1.56.5 3/4
    ****
* * 39.9 4 6.8 448 -4 大和田
10 *

1

1 ディーズフェイク 牝3 54 勝浦 1.56.7 1 1/4
    ****
* * 39.6 14 184.0 458 -2 藤原辰
11 *

4

7 ギガバッケン 牡3 56 西田 1.56.9 3/4
    ****
* * 39.8 7 28.2 526 -18 中川
12 *

2

3 コスモロブロイ 牡3 56 ミナリク 1.56.9 ハナ
    ****
* * 39.7 8 30.0 526 +4 伊藤伸
13 *

5

9 ノアダイヤモンド 牝3 54 吉田隼 1.57.4 3
    ****
* * 40.1 13 125.9 460 -8 大江原
14 *

8

15 タイセイシュラーク 牡3 56 田中勝 1.58.3 5
    ****
* * 41.6 10 48.1 472 -2 新開
15 *

6

10 ビレッジキング 牡3 54 武藤 1.59.5 7
    ****
* * 41.7 15 681.6 458 -4 土田

※成績、配当は主催者発行のものと照合し確認してください。

※上り3F最速の馬は赤字で表示しています。 ※タイムの赤字はレコードを表します。

コーナー通過順
**** ********
**** ********
**** ********
**** ********
**** ********
平均ハロンなど
平均ハロン ****
上り ****
ペース **
決め手 ****
馬装具 ****
発走状況 ****
通過タイム
600m 800m 1000m 1200m 1400m 1600m
37.5 51.3 1.04.0 1.16.3 1.28.7 1.41.4
ラップタイム
200m 400m 600m 800m 1000m 1200m 1400m 1600m 1800m
12.8 11.5 13.2 13.8 12.7 12.3 12.4 12.7 13.8
払戻金
単勝

4

510円

馬単

4-12

2,380円

複勝

4

12

2

160円

170円

130円

ワイド

4-12

2-4

2-12

460円

380円

380円

枠連

3-7

940円

3連複

2-4-12

1,260円

馬連

4-12

1,020円

3連単

4-12-2

9,570円

勝因敗因

 キャベンディッシュ(1着)M.デムーロ騎手 ペースが遅かったので向正面から動いていきました。まだ緩さがあって子供っぽいのですが、スタミナがありますね。これからもっと良くなりそうです。

次走へのメモ

キャベンディッシュ……序盤は後方待機策も、ペースが落ち着いたと見るや、向正面で一気に先団までポジションを押し上げる。3~4角でうまく息も入れられ、直線は手応え通りにポンと弾けた。やや強引なレース運びにも映ったが、ここでは力が一枚上と言わんばかりの勝ち方だった。

前へ

次へ

上へ