2018年4月21日 (当日の馬場情報)

2回東京1日目

11

オアシスステークス

[指定],国際,オープン,別定

(ダート・左)

晴・良

  1. 2200万
  2. 880万
  3. 550万
  4. 330万
  5. 220万

レコード1.33.8

推定タイム

*.**.*

**

レース結果





馬名 性齢 重量 騎手 タイム 着差 通過順位 4角
位置
前半
3F
上り
3F


単勝
オッズ


増減 厩舎
1 *

8

16 ルグランフリソン 牡5 56 福永 1.36.7
    ****
* * 36.1 5 10.7 480 -8 中竹
2 *

2

3 サンライズノヴァ 牡4 58 戸崎 1.36.7 クビ
    ****
* * 35.2 1 1.8 526 -10 音無
3 *

6

11 ドリームキラリ 牡6 57 三浦 1.36.8 1/2
    ****
* * 36.3 2 6.8 492 -8 矢作
4 *

4

7 コパノチャーリー 牡6 57 柴田大 1.37.1 2
    ****
* * 36.4 10 151.7 522 +2 村山
5 *

4

8 ゴールデンバローズ 牡6 56 石橋脩 1.37.1 クビ
    ****
* * 35.7 7 14.4 538 -6
6 *

1

1 タガノディグオ 牡4 56 大野 1.37.2 クビ
    ****
* * 36.4 8 45.4 526 -6
7 *

5

10 タムロミラクル 牡6 57 柴田善 1.37.2 クビ
    ****
* * 36.3 12 224.3 474 +4 西園
8 *

1

2 ブライトンロック 牡4 56 田中勝 1.37.3 クビ
    ****
* * 35.9 3 7.9 458 +6 田中清
9 *

3

6 エポック 牡5 56 内田博 1.37.3 クビ
    ****
* * 36.1 9 63.9 504 -2 角田
10 *

2

4 サングラス 牡7 56 松岡 1.37.5 1 1/4
    ****
* * 36.4 11 164.5 496 -10
11 *

6

12 オールマンリバー 牡6 56 武豊 1.37.5 クビ
    ****
* * 36.5 4 7.9 508 -2 五十嵐
12 *

7

13 カフェリュウジン 牡8 56 武士沢 1.37.9 2 1/2
    ****
* * 36.2 14 315.6 542 -2 和田雄
13 *

3

5 サトノファンタシー 牡5 57 武藤 1.38.1 1
    ****
* * 37.2 6 13.7 482 +2 松田国
14 *

5

9 サウンドスカイ 牡5 56 岡田祥 1.38.4 1 3/4
    ****
* * 37.3 15 480.7 504 +6 高柳大
15 *

7

14 キョウエイアシュラ 牡11 58 江田照 1.39.1 4
    ****
* * 37.5 16 492.6 462 0 森田
16 *

8

15 トラキチシャチョウ 牡7 57 黒岩 1.39.4 2
    ****
* * 37.5 13 314.6 504 -6 服部

※成績、配当は主催者発行のものと照合し確認してください。

※上り3F最速の馬は赤字で表示しています。 ※タイムの赤字はレコードを表します。

コーナー通過順
**** ********
**** ********
**** ********
平均ハロンなど
平均ハロン ****
上り ****
ペース **
決め手 ****
馬装具 ****
発走状況 ****
通過タイム
600m 800m 1000m 1200m 1400m
35.6 48.1 1.00.5 1.12.6 1.24.1
ラップタイム
200m 400m 600m 800m 1000m 1200m 1400m 1600m
12.3 11.2 12.1 12.5 12.4 12.1 11.5 12.6
払戻金
単勝

16

1,070円

馬単

16-3

3,070円

複勝

16

3

11

220円

120円

180円

ワイド

3-16

11-16

3-11

430円

770円

340円

枠連

2-8

1,120円

3連複

3-11-16

1,840円

馬連

3-16

1,020円

3連単

16-3-11

14,770円

勝因敗因

 ルグランフリソン(1着)福永騎手 楽なペースでしたし、早目に先頭に立つ形でしたが、最後まで頑張ってくれました。1600メートルも大丈夫でした。

次走へのメモ

ルグランフリソン……落ち着いた周回。大外枠からジワっと2番手へ。テンこそ頭を上げて行きたがったが、3角の入り口で落ち着きを取り戻していた。追ってからもしっかりと反応し、直線は内外の追撃を振り切る。先行有利の流れとはいえ、大外枠を克服して収穫あるレースぶり。

前へ

次へ

上へ