2018年4月1日 (当日の馬場情報)

2回阪神4日目

5

サラ3歳

[指定],500万下

(ダート・右)

晴・良

  1. 720万
  2. 290万
  3. 180万
  4. 110万
  5. 72万

レコード1.08.8

推定タイム

*.**.*

**

レース結果





馬名 性齢 重量 騎手 タイム 着差 通過順位 4角
位置
前半
3F
上り
3F


単勝
オッズ


増減 厩舎
1 *

8

15 ジョーカナチャン 牝3 54 池添 1.13.4
    ****
* * 38.4 6 15.3 434 0 松下
2 *

3

5 スターリーウォリア 牡3 55 荻野極 1.13.4 ハナ
    ****
* * 38.8 1 2.5 506 +4 清水久
3 *

6

12 スリーヘリオス 牡3 56 国分恭 1.13.5 3/4
    ****
* * 37.8 7 15.7 480 0 村山
4 *

2

3 タガノアム 牝3 54 鮫島駿 1.13.6 クビ
    ****
* * 37.6 3 7.5 470 +6 浅見
5 *

4

7 メイショウカギロイ 牡3 56 戸崎 1.13.7 1/2
    ****
* * 37.2 4 7.8 486 -4 中村
6 *

7

14 ラフィングマッチ 牡3 56 酒井学 1.13.7 ハナ
    ****
* * 39.0 10 44.1 486 -2 北出
7 *

5

9 メイショウキタグニ 牡3 56 国分優 1.13.8 1/2
    ****
* * 39.2 5 10.0 458 +4 西浦
8 *

8

16 ソフトポジション 牡3 54 森裕 1.14.0 1
    ****
* * 38.5 12 94.4 448 0 山内
9 *

3

6 サフランブーケ 牝3 54 松岡 1.14.1 1/2
    ****
* * 38.3 16 199.9 428 -6 北出
10 *

5

10 モアイ 牡3 56 中井 1.14.2 1/2
    ****
* * 39.2 8 31.6 454 -4 笹田
11 *

4

8 ニシノダンテ 牡3 53 西村淳 1.14.4 1 1/2
    ****
* * 38.4 9 34.1 490 -4 田所秀
12 *

2

4 ガウル 牡3 55 加藤祥 1.14.5 1/2
    ****
* * 40.0 2 4.6 480 -2 庄野
13 *

1

2 アウトバーン 牡3 53 三津谷 1.14.8 1 3/4
    ****
* * 40.0 15 175.8 462 +2 崎山
14 *

6

11 ペガッソ 牡3 53 富田 1.15.2 2 1/2
    ****
* * 38.1 13 96.4 474 -2
15 *

1

1 トリプルキセキ 牡3 56 松山 1.15.2 アタマ
    ****
* * 38.6 14 105.6 444 -2
16 *

7

13 サンドクイーン 牝3 54 福永 1.15.9 4
    ****
* * 40.5 11 44.6 504 +2 岡田

※成績、配当は主催者発行のものと照合し確認してください。

※上り3F最速の馬は赤字で表示しています。 ※タイムの赤字はレコードを表します。

コーナー通過順
**** ********
**** ********
**** ********
平均ハロンなど
平均ハロン ****
上り ****
ペース **
決め手 ****
馬装具 ****
発走状況 ****
通過タイム
600m 800m 1000m
34.5 46.7 59.6
ラップタイム
200m 400m 600m 800m 1000m 1200m
12.1 10.8 11.6 12.2 12.9 13.8
払戻金
単勝

15

1,530円

馬単

15-5

6,320円

複勝

15

5

12

380円

140円

380円

ワイド

5-15

12-15

5-12

840円

3,500円

840円

枠連

3-8

2,000円

3連複

5-12-15

10,960円

馬連

5-15

2,390円

3連単

15-5-12

74,620円

勝因敗因

 ジョーカナチャン(1着)池添騎手 外枠でスムーズに流れに乗れました。少し外に張るところがありましたが、最後はしっかり伸びています。芝だと少し甘くなるから、ダートでその辺がカバーできたと思います。

次走へのメモ

ジョーカナチャン……飛び出しは良かったが、外枠とあって無理せず好位グループの少し後ろから。ペースが流れたことでタメが利いていた。コーナーでは少し外へ張っていたが、直線は追われる毎によく伸びる。スターリーウォリアを捉え切ったところがゴールだった。

前へ

次へ

上へ