2015年5月31日 (当日の馬場情報)

3回京都12日目

11

白藤賞

(指定),(混),500万下,馬齢

(芝D・右内)

晴・良

  1. 1000万
  2. 400万
  3. 250万
  4. 150万
  5. 100万

レコード1.33.0

推定タイム

*.**.*

**

レース結果





馬名 性齢 重量 騎手 タイム 着差 通過順位 4角
位置
前半
3F
上り
3F


単勝
オッズ


増減 厩舎
1 *

7

11 ダノンシーザー 牡3 56 藤岡康 1.34.1
    ****
* * 33.4 7 17.3 456 -10 池江寿
2 *

8

13 ネオスターダム 牡3 56 松山 1.34.2 3/4
    ****
* * 33.5 1 2.7 472 -2 石坂正
3 *

1

1 テルメディカラカラ 牝3 54 藤田伸 1.34.4 1 1/4
    ****
* * 33.2 6 14.8 448 +8 石橋
4 *

5

7 ルアンジュ 牝3 54 川須 1.34.4 クビ
    ****
* * 33.5 10 32.6 464 -14 笹田
5 *

5

8 ストーンウェア 牡3 56 1.34.5 クビ
    ****
* * 33.4 3 5.9 456 0 吉田
6 *

4

6 ロイヤルストリート 牝3 54 浜中 1.34.6 1/2
    ****
* * 33.7 2 4.4 416 +2 藤原英
7 *

8

14 ブランドベルグ 牡3 56 松田 1.34.7 1/2
    ****
* * 33.5 4 10.1 474 -2 牧田
8 *

2

2 ウェーブキング 牡3 56 北村友 1.34.7 クビ
    ****
* * 33.7 8 18.4 510 +20 松田博
9 *

3

3 サーサルヴァトーレ 牡3 56 藤岡佑 1.34.9 1
    ****
* * 33.4 5 11.5 472 -8 音無
10 *

6

9 アイオシルケン 牡3 56 岩崎翼 1.35.1 1 1/4
    ****
* * 33.6 12 78.4 462 -8 西橋
11 *

7

12 マイネルレハイム 牡3 56 柴田未 1.35.3 1 1/2
    ****
* * 34.0 11 43.7 470 +4 田所秀
12 *

4

5 ランウェイ 牝3 54 四位 1.35.6 2
    ****
* * 33.8 9 18.8 464 +2 小崎
13 *

3

4 ウーマン 牝3 54 岡田祥 1.36.0 2 1/2
    ****
* * 34.6 14 182.3 448 -10 田所秀
14 *

6

10 タマモクラリティー 牝3 54 池添 1.37.0 6
    ****
* * 35.4 13 169.3 430 0 中竹

※成績、配当は主催者発行のものと照合し確認してください。

※上り3F最速の馬は赤字で表示しています。 ※タイムの赤字はレコードを表します。

コーナー通過順
**** ********
**** ********
**** ********
平均ハロンなど
平均ハロン ****
上り ****
ペース **
決め手 ****
馬装具 ****
発走状況 ****
通過タイム
600m 800m 1000m 1200m 1400m
36.1 48.7 1.00.7 1.12.0 1.23.0
ラップタイム
200m 400m 600m 800m 1000m 1200m 1400m 1600m
12.4 11.6 12.1 12.6 12.0 11.3 11.0 11.1
払戻金
単勝

11

1,730円

馬単

11-13

5,770円

複勝

11

13

1

380円

150円

400円

ワイド

11-13

1-11

1-13

820円

2,620円

850円

枠連

7-8

1,210円

3連複

1-11-13

10,200円

馬連

11-13

2,530円

3連単

11-13-1

68,990円

勝因敗因

 ダノンシーザー(1着)藤岡康騎手 攻め馬に乗って久々でも仕上がりは悪くないと感じていました。前、前でとの指示でしたが、いいペースで運べましたね。現状ではマイルくらいがいいんだと思います。気性が子供なので、まだ良くなる余地がありますよ。

次走へのメモ

ダノンシーザー……帰厩して日が浅く、強い稽古もやっていなかったが、馬体はスッキリと仕上がっていた。仕掛けてハナへ。2番手のネオスターダムが抑えてくれたので道中はペースを落とせるだけ落とす。4角手前からピッタリ被せられ、直線に向いた時は明らかに手応え劣勢だったが、そこから渋太く粘ってまんまと逃げ切った。

前へ

次へ

上へ