2015年2月22日 (当日の馬場情報)

1回東京8日目

9

ヒヤシンスステークス

(指定),(混),オープン,別定

(ダート・左)

曇・良

  1. 1800万
  2. 720万
  3. 450万
  4. 270万
  5. 180万

レコード1.34.1

推定タイム

*.**.*

**

レース結果





馬名 性齢 重量 騎手 タイム 着差 通過順位 4角
位置
前半
3F
上り
3F


単勝
オッズ


増減 厩舎
1 *

4

8 ゴールデンバローズ 牡3 56 戸崎 1.37.1
    ****
* * 35.9 1 1.4 508 -2
2 *

6

12 イーデンホール 牡3 56 吉田豊 1.37.7 3 1/2
    ****
* * 36.3 5 20.5 486 +2 大久洋
3 *

2

4 クロスクリーガー 牡3 56 岩田康 1.37.7 クビ
    ****
* * 37.1 2 6.8 464 0 庄野
4 *

7

14 ディアドムス 牡3 58 三浦 1.37.7 アタマ
    ****
* * 37.2 7 25.7 484 +1 高橋裕
5 *

7

13 ブルームーン 牡3 56 浜中 1.38.3 3 1/2
    ****
* * 37.4 6 23.9 440 -2 清水久
6 *

5

9 タップザット 牡3 57 福永 1.38.4 クビ
    ****
* * 37.7 3 9.5 490 +4 池江寿
7 *

1

1 ペプチドウォヘッド 牡3 56 Fベリー 1.38.5 3/4
    ****
* * 38.2 4 11.2 464 +4 吉村
8 *

8

15 タイセイラビッシュ 牡3 56 内田博 1.38.7 1 1/2
    ****
* * 38.1 10 53.1 488 +5 矢作
9 *

3

6 スルターナ 牝3 54 横山典 1.38.8 1/2
    ****
* * 36.5 11 66.8 454 -6
10 *

4

7 オウマタイム 牡3 56 左海 1.38.9 3/4
    ****
* * 38.6 13 218.4 450 -6 林正
11 *

1

2 フィールドスラッピ 牝3 54 松山 1.39.0 3/4
    ****
* * 37.1 12 214.8 426 0 坂口則
12 *

6

11 クリノダイスーシー 牡3 56 石橋脩 1.39.2 1 1/4
    ****
* * 37.6 15 256.6 484 -16 高橋忠
13 *

2

3 プレシャスルージュ 牡3 56 松若 1.39.4 3/4
    ****
* * 38.8 9 41.1 472 -12 音無
14 *

5

10 パーティメーカー 牡3 56 吉原 1.40.0 3 1/2
    ****
* * 38.2 14 248.8 468 0 小久保
15 *

8

16 ワンダフルラスター 牡3 56 Cデムー 1.40.2 1
    ****
* * 39.3 8 28.6 516 +4 音無
16 *

3

5 タケルオウジ 牡3 56 柴山 1.40.7 3
    ****
* * 39.2 16 421.6 492 -2 加藤征

※成績、配当は主催者発行のものと照合し確認してください。

※上り3F最速の馬は赤字で表示しています。 ※タイムの赤字はレコードを表します。

コーナー通過順
**** ********
**** ********
**** ********
平均ハロンなど
平均ハロン ****
上り ****
ペース **
決め手 ****
馬装具 ****
発走状況 ****
通過タイム
600m 800m 1000m 1200m 1400m
35.5 47.7 1.00.3 1.12.6 1.24.8
ラップタイム
200m 400m 600m 800m 1000m 1200m 1400m 1600m
12.5 11.2 11.8 12.2 12.6 12.3 12.2 12.3
払戻金
単勝

8

140円

馬単

8-12

1,680円

複勝

8

12

4

110円

240円

170円

ワイド

8-12

4-8

4-12

480円

260円

1,240円

枠連

4-6

1,560円

3連複

4-8-12

2,610円

馬連

8-12

1,370円

3連単

8-12-4

9,670円

勝因敗因

ゴールデンバローズ(1着)戸崎騎手 出負けはしましたが、そこから砂を被らずに運ぶことができました。この形でレースができたのは、これまでにいろいろと経験を積んできたことがあったからでしょう。追ってからがしっかりしていましたし、これからが楽しみになってきました。

次走へのメモ

ゴールデンバローズ……出脚はもうひとつで押して中団へ。ただ、向正面では気を抜いたような感じで、再度、気合をつけて前を追うような形。ちぐはぐな競馬になってしまったが、直線で勢いがつくと一気に先団に並びかけて、そのまま抜け出してしまった。時計は水準でも内容は相当強い。

前へ

次へ

上へ