2014年6月22日 (当日の馬場情報)

1回函館4日目

4

サラ3歳

[指定],未勝利

(芝A・右)

晴・良

  1. 460万
  2. 180万
  3. 120万
  4. 69万
  5. 46万

レコード1.57.8

推定タイム

*.**.*

**

レース結果





馬名 性齢 重量 騎手 タイム 着差 通過順位 4角
位置
前半
3F
上り
3F


単勝
オッズ


増減 厩舎
1 *

5

7 クリノクレオパトラ 牝3 54 荻野琢 2.02.1
    ****
* * 36.3 9 46.6 440 +10 田中章
2 *

7

11 メイショウビザン 牝3 54 岩田康 2.02.1 クビ
    ****
* * 36.9 1 2.0 482 -4 荒川
3 *

6

10 ステラストリーム 牡3 56 三浦 2.02.5 2 1/2
    ****
* * 37.0 5 11.7 480 -4 萩原
4 *

3

4 ダッシュスライダー 牡3 56 横山和 2.02.7 1 1/4
    ****
* * 38.3 11 123.0 450 0 杉浦
5 *

1

1 エアマチュール 牝3 54 松田 2.02.7 クビ
    ****
* * 37.1 2 5.6 452 0 角居
6 *

6

9 ケレス 牝3 54 小林徹 2.02.8 クビ
    ****
* * 37.2 12 131.5 428 -8 石橋
7 *

4

5 ウィステリアメジロ 牝3 54 武豊 2.03.1 1 3/4
    ****
* * 37.0 3 6.0 492 +8 佐々晶
8 *

5

8 コスモトレント 牝3 54 津村 2.03.1 クビ
    ****
* * 37.3 10 78.6 490 +4 金成
9 *

8

13 マーシャルシップ 牡3 56 吉田隼 2.03.2 クビ
    ****
* * 37.2 4 6.5 462 +4 中竹
10 *

2

2 スプリングアップ 牡3 56 田中博 2.03.6 2 1/2
    ****
* * 38.2 6 14.8 476 0 田村
11 *

3

3 ワンハンドカット セン3 53 長岡 2.03.7 1/2
    ****
* * 38.9 7 26.9 482 -4 小島茂
12 *

8

14 マイネルパナケーア 牡3 56 2.03.8 1/2
    ****
* * 37.2 13 230.0 440 +2 蛯名
13 *

7

12 タガノレジーナ 牝3 54 池添 2.04.7 5
    ****
* * 38.9 8 39.2 458 -2 五十嵐
14 *

4

6 トゥーレドゥー 牝3 51 井上敏 2.05.3 3 1/2
    ****
* * 40.0 14 285.0 442 +4 伊藤正

※成績、配当は主催者発行のものと照合し確認してください。

※上り3F最速の馬は赤字で表示しています。 ※タイムの赤字はレコードを表します。

コーナー通過順
**** ********
**** ********
**** ********
**** ********
**** ********
平均ハロンなど
平均ハロン ****
上り ****
ペース **
決め手 ****
馬装具 ****
発走状況 ****
通過タイム
600m 800m 1000m 1200m 1400m 1600m 1800m
34.9 46.9 59.1 1.11.8 1.24.4 1.36.9 1.49.2
ラップタイム
200m 400m 600m 800m 1000m 1200m 1400m 1600m 1800m 2000m
12.5 10.9 11.5 12.0 12.2 12.7 12.6 12.5 12.3 12.9
払戻金
単勝

7

4,660円

馬単

7-11

12,200円

複勝

7

11

10

950円

130円

330円

ワイド

7-11

7-10

10-11

1,730円

6,880円

670円

枠連

5-7

2,500円

3連複

7-10-11

16,180円

馬連

7-11

4,420円

3連単

7-11-10

173,440円

勝因敗因

クリノクレオパトラ(1着)荻野琢騎手 ペースが速いことは分かっていたんですが、稽古に乗って切れる脚を使える感じではなかったし、向正面での手応えも良かったので、動いていきました。入厩してすぐはうるさかったんですが、段々と落ち着いてきたし、滞在も良かったですね。

次走へのメモ

クリノクレオパトラ……舌を括る。10キロ増も太くはなかった。後方からジックリと。3角でも手応えは抜群で、外を回って徐々に追い上げると最後までしっかり伸びて差し切ってしまった。前走は直線で前が開かず脚を余していた。馬体がフックラしたように滞在競馬で上積みがあったとなれば走って不思議ない。

前へ

次へ

上へ