2013年4月7日 (当日の馬場情報)

3回中山6日目WIN5 

11

春雷ステークス

[指定],国際,オープン,別定

(芝B・右外)

晴・稍重

  1. 2100万
  2. 840万
  3. 530万
  4. 320万
  5. 210万

レコード1.06.7

推定タイム

*.**.*

**

レース結果





馬名 性齢 重量 騎手 タイム 着差 通過順位 4角
位置
前半
3F
上り
3F


単勝
オッズ


増減 厩舎
1 *

2

3 ポアゾンブラック 牡4 55 上村 1.09.8
    ****
* * 35.2 4 11.1 524 +6 本田
2 *

3

5 アースソニック 牡4 56 武士沢 1.09.8 ハナ
    ****
* * 35.0 8 14.7 474 -8 中竹
3 *

8

15 テイエムオオタカ 牡5 57 松岡 1.09.8 クビ
    ****
* * 35.0 3 7.0 502 -2 石栗
4 *

5

10 セイウンジャガーズ 牡6 56 北村宏 1.10.0 1
    ****
* * 34.7 7 13.8 480 -6 杉浦
5 *

2

4 クリーンエコロジー 牡5 56 蛯名 1.10.0 クビ
    ****
* * 35.0 5 11.3 506 +2 須貝尚
6 *

1

1 ヘニーハウンド 牡5 55 石橋脩 1.10.1 クビ
    ****
* * 34.6 10 15.1 502 0 矢作
7 *

7

13 アフォード 牡5 56 村田 1.10.3 1 1/4
    ****
* * 35.3 2 6.5 460 -6 北出
8 *

7

14 ニシノビークイック 牡4 56 丹内 1.10.3 ハナ
    ****
* * 34.7 11 19.9 484 -4 河内
9 *

4

8 ボストンエンペラー 牡5 56 吉田豊 1.10.3 アタマ
    ****
* * 35.2 12 25.8 464 -12 岩元
10 *

6

12 セイクレットレーヴ 牡4 56 柴田善 1.10.4 クビ
    ****
* * 35.0 6 12.6 474 0 田中清
11 *

3

6 アウトクラトール 牡8 56 高田 1.10.4 クビ
    ****
* * 35.2 15 114.4 486 0
12 *

4

7 エーシンダックマン 牡6 58 杉原 1.10.6 1
    ****
* * 36.1 13 55.3 492 -6 坂口則
13 *

8

16 ニシノステディー 牝5 54 内田博 1.11.0 2 1/2
    ****
* * 36.1 9 14.7 484 -4 尾形充
14 *

5

9 モルトグランデ 牡9 57 田辺 1.11.1 1/2
    ****
* * 36.1 16 152.2 490 -6 久保田
15 *

1

2 オーセロワ セン7 56 北村友 1.11.3 1 1/2
    ****
* * 36.6 14 98.1 490 -16 安田隆
16 *

6

11 オリービン 牡4 56 横山典 1.11.4 3/4
    ****
* * 36.4 1 3.4 470 -6 橋口弘

※成績、配当は主催者発行のものと照合し確認してください。

※上り3F最速の馬は赤字で表示しています。 ※タイムの赤字はレコードを表します。

コーナー通過順
**** ********
**** ********
**** ********
平均ハロンなど
平均ハロン ****
上り ****
ペース **
決め手 ****
馬装具 ****
発走状況 ****
通過タイム
600m 800m 1000m
34.5 46.1 58.0
ラップタイム
200m 400m 600m 800m 1000m 1200m
12.1 10.9 11.5 11.6 11.9 11.8
払戻金
単勝

3

1,110円

馬単

3-5

13,270円

複勝

3

5

15

420円

410円

300円

ワイド

3-5

3-15

5-15

2,040円

1,970円

1,580円

枠連

2-3

3,260円

3連複

3-5-15

19,330円

馬連

3-5

6,820円

3連単

3-5-15

113,100円

勝因敗因

ポアゾンブラック(1着)上村騎手 うまく乗れました。他が苦にしていた分、今日のような馬場も良かったですね。展開も楽だったし、ダートだけでなく芝でも走れることを証明できました。

次走へのメモ

ポアゾンブラック……他に行く馬がいたので、好位に控える競馬に。序盤はやや行きたがっていたが、道中は我慢が利いていた。その分、終いのもうひと伸びにつながった。荒れた馬場で時計がかかったことも味方したが、芝2戦目でオープン勝ちと、一戦毎の地力強化は目覚ましい。

前へ

次へ

上へ