2020年5月16日 (当日の馬場情報)

3回京都7日目

11

都大路ステークス(L)

国際,4歳以上,オープン,別定

(芝D・右外)

雨・重

  1. 2600万
  2. 1000万
  3. 650万
  4. 390万
  5. 260万

レコード1.43.9

推定タイム

*.**.*

**

前走の勝因敗因



馬 名 前走の勝因敗因 次走へのメモ

1

1 ヴァルディゼール

 ヴァルディゼール(5着)北村友騎手 馬場が良くて流れも速かったので、追走に苦労しました。それに直線で左前の蹄鉄が飛んだのが見えました。もったいなかったですね。

ヴァルディゼール……仕上がる。向正面は5番手の外から。ペースの上がった坂の下りでは進みが悪く、直線の残り1ハロンでは内のロードクエストより劣勢。ラストの伸びは相手に見劣ってしまう。

2

2 ブレスジャーニー

 

ブレスジャーニー……適正体重は把握しづらいが、細くは見えなかった。出負けして後方から。3角からは追い通し。強風とキックバックを考慮しても進みが悪過ぎた。直線ようやくハミを取って、5着とは僅差。外枠なら違ったはず。

3

3 ワイプティアーズ

 ワイプティアーズ(1着)武藤騎手 レース前から聞いていたんですが、ゲートでうるさくて他馬に迷惑をかけてしまいました。ただ、結果的には外枠になったのが良かったかもしれません。外からすんなりとスムーズに運べましたからね。能力はあるので今後もゲートが課題ですね。

ワイプティアーズ……ゲート内で潜り込むような姿勢になり、騎手を落とすと、馬体検査の後に外枠発走となる。そこから積極的に2番手へ。4角で逃げ馬に並びかけ、直線で交わして、馬場の中ほどへ。最後は詰め寄られながらも、何とか押し切った。先行策がベスト。

上へ