2019年6月8日 (当日の馬場情報)

3回東京3日目

11

多摩川ステークス

[指定],(混),3歳以上,3勝クラス,ハンデ

(芝C・左)

曇・良

  1. 1820万
  2. 730万
  3. 460万
  4. 270万
  5. 182万

レコード1.30.5

推定タイム

*.**.*

**

前走の勝因敗因



馬 名 前走の勝因敗因 次走へのメモ

1

1 アバルラータ

 アバルラータ(1着)鮫島調教師 1番人気になりましたが、しっかりと自分の競馬ができました。2回続けて東京に来ましたが、体が増えていたし、馬が落ち着いていたのが良かったです。今は凄くいい状態ですね。このあとはひと息入れる予定でいます。

アバルラータ……出たなりで中団。折り合いはピタリとつく。内目を回って残り400メートルからスパート。仕掛けてからの反応は鋭く、残り50メートル付近で先頭。最後は流す余裕があり、危なげないレース。最内枠から見事な立ち回りだった。

1

2 エルプシャフト

 エルプシャフト(1着同着)浜中騎手 道中はリズム良く走れていたし、最後までよく頑張ってくれました。

エルプシャフト……馬場先出し。中団で、エクレアスパークルをマークしていく。直線に向いてこれの内から抜け出し、1ハロン標過ぎに先頭。そこからひと押し欠いたが、うまく立ち回った分1着同着に。

2

3 リカビトス

 リカビトス(8着)ルメール騎手 スタートが遅く後方からになりましたし、あまりスムーズな競馬ができませんでした。

リカビトス……仕上がる。出遅れて後方から。折り合いに専念して直線終いを伸ばすレース。内目を捌いてジワジワ差を詰めてきたが、外の追い込み勢に軍配。最後は前と同じような脚色に。

上へ