2019年2月17日 (当日の馬場情報)

2回京都8日目

12

サラ4歳以上

牝馬,1000万下,定量

(ダート・右)

曇・良

  1. 1100万
  2. 440万
  3. 280万
  4. 170万
  5. 110万

レコード1.47.8

推定タイム

*.**.*

**

前走の勝因敗因



馬 名 前走の勝因敗因 次走へのメモ

1

1 メモリーコウ

 メモリーコウ(2着)荻野琢騎手 昇級戦でしたが、いい形でレースができました。本当に立ち回りの上手な馬ですね。ひと夏を越して馬がしっかりとしてきましたし、安定した先行力もついてきましたね。男馬を相手にこれだけやれたので、これからが楽しみな馬です。

メモリーコウ……軽く仕掛けて先行し、3番手。外目でリズム良く運んで、手応えを残して直線へ。先頭に立って押し切りを図ったが、外のエオリアの勢いが違い過ぎた。それでも一杯に踏ん張って2着を死守。

2

2 ショーカノン

 ショーカノン(1着)津村騎手 いつも通り、今日も3角の手応えは悪かったのですが、渋太さが持ち味の馬で最後まで頑張ってくれました。

ショーカノン……シャドーロール。好調キープ。他馬の出方を窺いながら、3番手をキープ。前を深追いせずに、絶好のポジショニング。3角過ぎから押し上げにかかり、直線半ばで先頭を捉えると、最後はポルカシュネルの追い上げを振り切った。

3

3 バニーテール

 バニーテール(3着)坂井瑠騎手 道中スムーズだったし、以前騎乗した時より成長が窺えます。直線で少し窮屈になるロスがあったことを考えれば上々の内容だし、このクラスでも十分やれますよ。

バニーテール……行く気もなく中団のラチ沿い。直線も最内を突いて伸びてきた。ゴール前のひと伸びが利かなかったが、もともとこのクラスにも良績があり、何よりレースがうまい。

上へ