2019年1月6日 (当日の馬場情報)

1回京都2日目

6

サラ4歳以上

[指定],(混),500万下,定量

(ダート・右)

曇・良

  1. 750万
  2. 300万
  3. 190万
  4. 110万
  5. 75万

レコード1.09.1

推定タイム

*.**.*

**

前走の勝因敗因



馬 名 前走の勝因敗因 次走へのメモ

1

1 ホイールバーニング

 ホイールバーニング(4着)浜中騎手 スタートが良くていい感じだったし、ジリジリと伸びてもいます。直線で進路が開いていれば勝ち負けできていたと思うだけに、もったいなかったですね。

ホイールバーニング……やや太目。リングハミ。ジワッと行かせて中団のやや前。少し抑えるくらいで道中も手応え良く追走。直線も最後までバテずにジワジワ伸びた。スムーズなレースができたが、この馬には時計が速過ぎたか。

1

2 ブリッジオーヴァー

 ブリッジオーヴァー(4着)北村友騎手 ちょっと1歩目がゆっくりで、1000メートルだったし、スッとスピードに乗れませんでした。そこからスピードに乗ってくると今度は外に張る面を見せていて、スムーズに走らせることができませんでした。

ブリッジオーヴァー……シャドーロール着用。仕上がる。出遅れたこともあり、先を急がず後方から。直線で外に持ち出してからはひと追い毎に伸びてきた。上がり3ハロンは最速タイ。中央でも十分通用。

2

3 ヒロシゲゴールド

 ヒロシゲゴールド(3着)松田騎手 ブリンカーが効いていましたね。スタートも良く、前に行かせましたが、長期休養明けを考えるとよく頑張ってくれていると思います。

ヒロシゲゴールド……ブリンカーとシャドーロール。プラス18キロ。少し太かった。押して押してハナへ。メイショウジークにピタッとマークされ、最後の最後で力尽きたが、4着には4馬身差。

上へ