2018年11月18日 (当日の馬場情報)

5回京都6日目WIN5 

11

第35回 マイルチャンピオンシップ(GI)

(指定),国際,3歳以上,オープン,定量

(芝C・右外)

晴・良

  1. 11000万
  2. 4400万
  3. 2800万
  4. 1700万
  5. 1100万

レコード1.31.3

推定タイム

*.**.*

**

前走の勝因敗因



馬 名 前走の勝因敗因 次走へのメモ

1

1 ステルヴィオ

 ステルヴィオ(2着)ルメール騎手 いい競馬でしたね。今日はリフレッシュして馬が元気でしたし、ゲートも出てくれました。スムーズに運べて、最後もしっかり脚は使ってくれました。勝った馬は強かったですが、この馬もGⅠレベルの能力を出してくれました。距離に関しては2000メートルまでは大丈夫だと思います。

ステルヴィオ……少しテンションは高かったが、レースではスムーズに折り合いはついた。直線に向いてからもリズムを取って、坂のあたりからの追い出し。鋭く伸びたが、2着に上がるのが一杯だった。それでも初の古馬相手でこの内容なら上々。

1

2 ペルシアンナイト

 ペルシアンナイト(5着)M.デムーロ騎手 59キロを背負いながら馬は頑張ってくれたんですが、直線で不利を受けてしまってかわいそうでした。

ペルシアンナイト……仕上がる。中団ポケットでなだめつつ追走していたが、直線入り口で仕掛けられてからの反応は今イチ。前が狭くなり進路を外へ切り替えるロスもあった。ゴール前は盛り返してきたものの、ここまで。

2

3 アルアイン

 アルアイン(4着)北村友騎手 逃げ馬がいなかったので、極端に遅いペースになると嫌だなと思っていたのですが、適度に流れていいペースになりましたし、2番手で折り合えていました。直線に入り、右手前に替えたところで伸びあぐね、後続に交わされてから集中力を欠くようなところもありましたが、坂のところで左手前に替えるとまた頑張ってくれました。ある程度イメージした通りの競馬はできたのですが、やはり相手も強かったですね。

アルアイン……最初はヴィブロスと並ぶ形だったが、向正面で2番手に上がり、キセキを見る形で直線へ。懸命に追われたが、逃げた馬に並びかけることができなかった。直線の長いコースでは瞬発力に差が出てしまう。

上へ