2018年6月2日 (当日の馬場情報)

3回東京1日目

11

麦秋ステークス

(指定),(混),3歳以上,1600万円以下,定量

(ダート・左)

晴・良

  1. 1820万
  2. 730万
  3. 460万
  4. 270万
  5. 182万

レコード1.21.5

推定タイム

*.**.*

**

前走の勝因敗因



馬 名 前走の勝因敗因 次走へのメモ

1

1 プリサイスエース

 プリサイスエース(8着)田辺騎手 いい頃に比べてもうひとつのようですね。いい時は後方でも唸って行くくらいですからね。今日はそんな感じがなかったので伸びてくれなかったです。

プリサイスエース……スタートで後手を踏んだが、いつも通り後方待機策。直線は馬群を捌きながら、ジリジリと伸びているが、前有利の展開と馬場で末脚不発に終わってしまった。

1

2 ペプチドウォヘッド

 

 

2

3 ユラノト

 ユラノト(5着)藤岡康騎手 ゲートを上手に出てくれて、いい位置で運べたんだけど、途中から流れが動いて、キツい形になってしまいました。それでも初重賞で最後まで頑張っていました。

ユラノト……仕上がる。チークピーシズ。出たなりで中団のやや前。道中も流れに乗って手応え良く追走。向正面でミツバが動いた時はやり過ごして3角から追い上げ開始。4角で2番手まで取りついたが、1ハロン標手前で勝ち馬に先を越されるとジリッぽくなって5着。しかし、昇級戦で積極的なレースをしたことを考えれば悪くない。

上へ