2018年6月24日 (当日の馬場情報)

3回阪神8日目

9

皆生特別

[指定],(混),3歳以上,1000万円以下,ハンデ

(芝B・右内)

晴・稍重

  1. 1500万
  2. 600万
  3. 380万
  4. 230万
  5. 150万

レコード1.07.1

推定タイム

*.**.*

**

前走の勝因敗因



馬 名 前走の勝因敗因 次走へのメモ

1

1 ロックオン

 ロックオン(1着)松若騎手 うまく先手を取れたし、スピードがありますね。最後は脚が上がったけど、真面目に辛抱してくれました。

ロックオン……シャドーロール。馬場先出し。14キロ減も細くなかった。ポンと出て主導権を握る。4角を逆手前で回って少し外へ膨れたが、最後まで脚取りは確か。スパイチャクラとの1馬身ほどの差を最後まで詰めさせなかった。

2

2 トンボイ

 トンボイ(1着)酒井学騎手 逃げた馬が離していってくれたし、無理せず番手に控えました。結果的にハナを切っている形と同じだったし、スムーズに運べたのが良かったです。

トンボイ……好発から2番手。抑え切れないくらいの行きっぷり。4角手前から前に接近し、ほぼ持ったまま残り1ハロン標手前で先頭。追われると突き放し、最後は詰め寄られたものの、危なげなく押し切った。開幕馬場で軽量と先行力を存分に生かせた。

3

3 エイシンデネブ

 エイシンデネブ(8着)吉田隼騎手 ゲートの1歩目は速くなかったのですが、二の脚で好位へ行けました。ただ、窮屈なところで少し力んでしまいました。追い出してからも頭が上がる感じでした。もう少し流れる小回りコースの方が持ち味のスピードを生かせそうです。

エイシンデネブ……12キロ増は回復分か。太目感なく仕上がる。出負けもサッとリカバーして先団直後、やや力みがあった。追い出して段々と重心が高くなり、ラストは流れ込んだ程度。1400メートルは若干長いかも。

上へ