2018年2月4日 (当日の馬場情報)

2回京都4日目

2

サラ3歳

[指定],(混),未勝利

(ダート・右)

晴・稍重

  1. 500万
  2. 200万
  3. 130万
  4. 75万
  5. 50万

レコード1.09.1

推定タイム

*.**.*

**

前走の勝因敗因



馬 名 前走の勝因敗因 次走へのメモ

1

1 メイショウキタグニ

 メイショウキタグニ(3着)国分優騎手 もともとスピードのある馬ですし、行かせてどれだけ粘れるかという競馬を。叩き2走目で絞れて上積みがありましたね。

メイショウキタグニ……鼻革。絞れる。押して押してハナへ。行き切ってからはマイペース。1ハロン標手前で勝ち馬にサッと交わされたが、バタッと止まらずに3着。叩いた効果と距離短縮で粘りが増した。

1

2 コパノキッキング

 

 

2

3 クリノヴィグラス

 クリノヴィグラス(3着)荻野琢騎手 芝の切れ目で他馬を気にするような場面があったし、最後も手前を替えていませんでした。まだ幼さを見せながらも、ラストはよく伸びたし、能力はあると思います。

クリノヴィグラス……仕上がる。テンの芝の部分の行きっぷりがひと息で中団やや後ろ。3~4角はポツンと内ラチ沿いを走って距離を稼ぐ。直線に向くと右手前のままでもジワジワと加速し、ゴール前で3番手に浮上した。

上へ