2022年2月6日 (当日の馬場情報)

1回東京4日目 WIN5 

11

第72回 東京新聞杯(GIII)

(特指),国際,4歳以上,オープン,別定

(芝D・左)

曇・良

  1. 4100万
  2. 1600万
  3. 1000万
  4. 620万
  5. 410万

レコード1.30.5

推定タイム

*.**.*

**

レース結果


M
y



馬名 性齢 重量 騎手 タイム 着差 通過順位 4角
位置
前半
3F
上り
3F


単勝
オッズ


増減 厩舎
1

*

6

11 イルーシヴパンサー 牡4 56 田辺 1.32.3
    ****
* * 33.1 4 5.3 476 +4 久保田
2

*

4

6 ファインルージュ 牝4 55 ルメール 1.32.6 1 3/4
    ****
* * 34.0 1 3.3 510 +16 木村
3

*

5

9 カラテ 牡6 57 菅原明 1.32.7 クビ
    ****
* * 33.9 2 4.1 534 +2 高橋祥
4

*

8

15 カレンシュトラウス 牡5 56 津村 1.33.0 2
    ****
* * 34.0 8 25.5 522 -2 平田
5

*

5

8 ドナアトラエンテ 牝6 54 Mデムー 1.33.2 1 1/2
    ****
* * 34.5 9 30.6 468 0 国枝
6

*

6

10 エイシンチラー 牝4 54 柴田大 1.33.3 1/2
    ****
* * 34.1 14 72.7 468 -2 田中剛
7

*

2

2 ワールドバローズ 牡4 56 和田竜 1.33.4 1/2
    ****
* * 34.7 6 20.6 452 0 石坂公
8

*

8

14 カテドラル 牡6 58 戸崎 1.33.6 1
    ****
* * 34.3 5 18.4 494 +2 池添学
9

*

1

1 アオイクレアトール 牡5 56 内田博 1.33.7 1/2
    ****
* * 35.2 7 21.4 490 0 古賀慎
10

*

7

12 ヴェロックス 牡6 57 三浦 1.33.7 ハナ
    ****
* * 35.4 12 61.0 492 -2 中内田
11

*

2

3 ディアンドル 牝6 56 石川裕 1.33.7 クビ
    ****
* * 35.4 15 89.7 496 -10 奥村豊
12

*

7

13 ホウオウアマゾン 牡4 57 坂井瑠 1.33.8 3/4
    ****
* * 35.3 3 4.9 510 -2 矢作
13

*

4

7 ケイデンスコール 牡6 59 石橋脩 1.34.1 1 3/4
    ****
* * 36.0 13 66.5 478 0 安田隆
14

*

3

5 トーラスジェミニ 牡6 58 横山武 1.34.8 4
    ****
* * 36.8 10 41.5 476 -2 小桧山
15

*

3

4 マルターズディオサ 牝5 56 松岡 1.35.3 3
    ****
* * 36.8 11 54.1 452 -4 手塚

※成績、配当は主催者発行のものと照合し確認してください。

※上り3F最速の馬は赤字で表示しています。 ※タイムの赤字はレコードを表します。

コーナー通過順
**** ********
**** ********
**** ********
平均ハロンなど
平均ハロン ****
上り ****
ペース **
決め手 ****
馬装具 ****
発走状況 ****
通過タイム
600m 800m 1000m 1200m 1400m
34.7 46.4 58.0 1.09.2 1.20.6
ラップタイム
200m 400m 600m 800m 1000m 1200m 1400m 1600m
12.2 11.1 11.4 11.7 11.6 11.2 11.4 11.7
払戻金
単勝

11

530円

馬単

11-6

2,240円

複勝

11

6

9

160円

150円

140円

ワイド

6-11

9-11

6-9

430円

430円

410円

枠連

4-6

820円

3連複

6-9-11

1,730円

馬連

6-11

1,000円

3連単

11-6-9

8,750円

勝因敗因

 イルーシヴパンサー(1着)田辺騎手 もともと3歳の春は皐月賞に出走していた馬ですが、古馬との対戦は1勝級からの再スタートでした。成長を感じていましたが、またオープンに入ってどれだけやれるかと思っていました。リズムを一番に考えていたので、淡々とペースが流れるなかでも深追いせずについていきました。直線ではあっさり差し切ってくれたように、こちらがびっくりするくらいの脚でした。以前はカッとする気性が今は落ち着いてレースに臨めるようになっています。これから一線級との対戦が待っていますし、本当の勝負はこれからです。

次走へのメモ

イルーシヴパンサー……二人引きでも落ち着き払って、気配良好。発馬は互角。エイシンチラーと軽く接触したが、大きな不利にはならず、後方でピタリと折り合っていた。そのまま脚をためて直線に向くと、大外から目の覚めるような伸び。残り1ハロンではもう後続を突き放していた。2着以下にはっきりとした差をつけての勝利。マイル路線に新星誕生。

10R

12R

上へ