2020年8月9日 (当日の馬場情報)

1回札幌6日目 WIN5 

11

第25回 エルムステークス(GIII)

(指定),国際,3歳以上,オープン,別定

(ダート・右)

曇・良

  1. 3600万
  2. 1400万
  3. 900万
  4. 540万
  5. 360万

レコード1.40.9

推定タイム

*.**.*

**

レース結果


M
y



馬名 性齢 重量 騎手 タイム 着差 通過順位 4角
位置
前半
3F
上り
3F


単勝
オッズ


増減 厩舎
1

*

8

13 タイムフライヤー 牡5 56 ルメール 1.43.4
    ****
* * 35.7 1 3.0 490 +6 松田国
2

*

5

8 ウェスタールンド セン8 57 藤岡佑 1.43.7 2
    ****
* * 35.5 2 4.2 488 +8 佐々晶
3

*

6

10 アナザートゥルース セン6 58 大野 1.43.8 3/4
    ****
* * 36.5 5 11.1 484 0 高木登
4

*

7

12 ハイランドピーク 牡6 56 横山和 1.44.0 1
    ****
* * 36.6 4 10.2 470 -4 土田
5

*

3

4 ワンダーリーデル 牡7 57 横山典 1.44.0 クビ
    ****
* * 35.7 9 21.6 532 +6 安田翔
6

*

7

11 アルクトス 牡5 56 田辺 1.44.1 クビ
    ****
* * 36.3 6 12.5 546 -12 栗田徹
7

*

2

2 エアスピネル 牡7 56 武豊 1.44.1 クビ
    ****
* * 36.5 3 6.3 488 0 笹田
8

*

5

7 ワイルドカード 牡6 56 北村宏 1.44.2 1/2
    ****
* * 36.3 12 42.1 532 -14 木村
9

*

4

5 アディラート 牡6 56 吉田隼 1.44.8 3 1/2
    ****
* * 37.1 10 36.3 508 -2 須貝尚
10

*

4

6 リアンヴェリテ 牡6 56 国分恭 1.44.8 クビ
    ****
* * 37.6 7 17.2 484 -2 中竹
11

*

6

9 ロードゴラッソ 牡5 57 池添 1.45.1 1 3/4
    ****
* * 37.1 11 39.3 482 +8 藤岡健
12

*

8

14 バスカヴィル 牡6 56 浜中 1.45.5 2 1/2
    ****
* * 38.0 13 55.2 482 -4 加藤征
13

*

3

3 サトノティターン 牡7 56 藤岡康 1.45.9 2 1/2
    ****
* * 37.7 8 19.0 584 +2
14

*

1

1 ヒラボクラターシュ 牡5 56 横山武 1.47.0 7
    ****
* * 39.5 14 69.7 530 +7 大久龍

※成績、配当は主催者発行のものと照合し確認してください。

※上り3F最速の馬は赤字で表示しています。 ※タイムの赤字はレコードを表します。

コーナー通過順
**** ********
**** ********
**** ********
**** ********
平均ハロンなど
平均ハロン ****
上り ****
ペース **
決め手 ****
馬装具 ****
発走状況 ****
通過タイム
600m 800m 1000m 1200m 1400m 1600m
36.5 48.9 1.01.1 1.13.3 1.25.3 1.37.3
ラップタイム
100m 300m 500m 700m 900m 1100m 1300m 1500m 1700m
6.7 11.2 12.4 12.4 12.3 12.2 12.2 11.7 12.3
払戻金
単勝

13

300円

馬単

13-8

1,560円

複勝

13

8

10

140円

150円

260円

ワイド

8-13

10-13

8-10

380円

730円

630円

枠連

5-8

800円

3連複

8-10-13

2,680円

馬連

8-13

900円

3連単

13-8-10

9,480円

勝因敗因

 タイムフライヤー(1着)ルメール騎手 外枠だったからプレッシャーを受けずにスムーズに折り合ってレースができた。2着馬が動いてきて、この馬にはちょうどいいプレッシャーでやる気になった。前走のマリーンSを勝った時、この馬は重賞も勝てると思った。いいスピードがあるからね。広いコースの1600メートルがいいと思うけど、ちょっとずつレースが上手になっているから、リラックスできれば1800メートルでも大丈夫。

次走へのメモ

タイムフライヤー……好調。中団から。外枠だったので壁を作ることができず、ペースも落ち着いたが、折り合いは実にスムーズだった。勝負どころもじっと動かず、後ろから来るであろうウェスタールンドを待っているような様子。4角でこれに並ばれたところでも手応え十分で、直線、突き放しての完勝だった。実績馬がダートで波に乗ってきた。

10R

12R

上へ