2019年9月8日 (当日の馬場情報)

4回中山2日目WIN5 

10

外房ステークス

(特指),(混),3歳以上,3勝クラス,定量

(ダート・右)

晴・良

  1. 1820万
  2. 730万
  3. 460万
  4. 270万
  5. 182万

レコード1.08.7

推定タイム

*.**.*

**

レース結果





馬名 性齢 重量 騎手 タイム 着差 通過順位 4角
位置
前半
3F
上り
3F


単勝
オッズ


増減 厩舎
1 *

4

8 レッドアネラ 牝4 55 戸崎 1.09.8
    ****
* * 36.4 1 5.0 496 +4 加藤征
2 *

1

2 メイショウミライ 牡4 57 田辺 1.09.9 1/2
    ****
* * 35.7 4 6.8 492 +4 南井
3 *

2

4 ヤマニンレジスタ 牡4 57 松山 1.10.0 3/4
    ****
* * 36.8 10 22.2 504 -4 奥村豊
4 *

7

13 タガノアム 牝4 55 岡田祥 1.10.2 1
    ****
* * 35.5 8 12.3 480 +2 浅見
5 *

5

9 メイショウサチシオ 牝5 55 横山典 1.10.2 クビ
    ****
* * 36.6 3 6.2 502 -6 石橋
6 *

7

14 ノーフィアー 牡5 57 内田博 1.10.3 1/2
    ****
* * 36.6 5 7.5 494 -4 佐藤吉
7 *

8

15 ヴォーガ 牡5 57 田中勝 1.10.6 2
    ****
* * 36.7 6 10.5 456 +12
8 *

2

3 ゲキリン 牡5 57 津村 1.10.9 1 1/2
    ****
* * 36.6 14 95.3 472 -4 吉村
9 *

6

11 ディープミタカ 牡8 57 石橋脩 1.11.0 1/2
    ****
* * 35.7 16 184.8 464 0 藤岡健
10 *

6

12 オルトグラフ 牝3 53 北村宏 1.11.1 1/2
    ****
* * 36.9 2 6.0 498 -2 池上和
11 *

3

5 エターナルフレイム セン5 57 大野 1.11.2 3/4
    ****
* * 37.3 7 11.3 528 +2 高木登
12 *

4

7 ビービーサレンダー 牡6 57 武藤 1.11.3 クビ
    ****
* * 36.1 11 38.8 496 +2 久保田
13 *

5

10 ブラックランナー 牡5 57 三浦 1.11.3 クビ
    ****
* * 37.4 9 19.4 466 0 鈴木孝
14 *

1

1 スピーディクール セン5 57 丸田 1.11.3 ハナ
    ****
* * 36.2 13 63.0 464 -28 石栗
15 *

3

6 セパヌイール 牝4 55 松岡 1.12.0 4
    ****
* * 37.4 12 51.8 460 -2 吉村
16 *

8

16 テンクウ 牡4 57 横山和 1.12.2 3/4
    ****
* * 37.5 15 104.0 456 -4 奥村武

※成績、配当は主催者発行のものと照合し確認してください。

※上り3F最速の馬は赤字で表示しています。 ※タイムの赤字はレコードを表します。

コーナー通過順
**** ********
**** ********
**** ********
平均ハロンなど
平均ハロン ****
上り ****
ペース **
決め手 ****
馬装具 ****
発走状況 ****
通過タイム
600m 800m 1000m
33.2 44.8 56.8
ラップタイム
200m 400m 600m 800m 1000m 1200m
11.6 10.5 11.1 11.6 12.0 13.0
払戻金
単勝

8

500円

馬単

8-2

3,990円

複勝

8

2

4

200円

270円

640円

ワイド

2-8

4-8

2-4

710円

3,690円

2,830円

枠連

1-4

1,560円

3連複

2-4-8

22,040円

馬連

2-8

2,050円

3連単

8-2-4

94,630円

勝因敗因

 レッドアネラ(1着)戸崎騎手 いいスピードを見せてくれましたし、1200メートルにも対応してくれました。最後は止まりかけましたが、セーフティリードがありましたし、よく凌いでくれました。

次走へのメモ

レッドアネラ……仕上がり上々。好ダッシュ。行く馬を行かせて2番手から。控える形でもリズム良く走れていた。手応え十分に直線へ向き、ゆっくりと追い出す。残り100メートルで先頭に立ち、そのまま押し切った。危なげのないレースぶりで完勝。

前へ

次へ

上へ