2019年3月9日 (当日の馬場情報)

2回中山5日目

11

第37回 中山牝馬ステークス(GIII)

[指定],牝馬(国際),4歳以上,オープン,ハンデ

(芝A・右内)

晴・良

  1. 3600万
  2. 1400万
  3. 900万
  4. 540万
  5. 360万

レコード1.44.9

推定タイム

*.**.*

**

レース結果





馬名 性齢 重量 騎手 タイム 着差 通過順位 4角
位置
前半
3F
上り
3F


単勝
オッズ


増減 厩舎
1 *

5

7 フロンテアクイーン 牝6 54 三浦 1.47.7
    ****
* * 35.0 5 10.5 480 +6 国枝
2 *

6

9 ウラヌスチャーム 牝4 53 ミナリク 1.47.7 ハナ
    ****
* * 34.6 3 7.8 496 -4 斎藤誠
3 *

3

4 アッフィラート 牝6 51 武藤 1.47.7 クビ
    ****
* * 35.0 11 36.4 442 -6 藤原英
4 *

6

10 デンコウアンジュ 牝6 54 蛯名 1.47.8 3/4
    ****
* * 34.8 12 38.6 460 -2 荒川
5 *

7

11 フローレスマジック 牝5 53 石橋脩 1.47.8 ハナ
    ****
* * 35.3 7 16.4 482 +2 木村
6 *

4

5 クロコスミア 牝6 55 岩田康 1.47.8 アタマ
    ****
* * 35.0 8 19.3 440 +15 西浦
7 *

2

2 ノームコア 牝4 55 田辺 1.47.9 クビ
    ****
* * 34.9 1 3.4 466 -2 萩原
8 *

5

8 レイホーロマンス 牝6 51 内田博 1.47.9 ハナ
    ****
* * 34.6 13 43.2 422 -6 橋田
9 *

7

12 ウインファビラス 牝6 52 松岡 1.48.0 1/2
    ****
* * 35.3 14 79.5 482 +2 畠山吉
10 *

1

1 アドマイヤリード 牝6 56 横山典 1.48.1 1/2
    ****
* * 35.2 4 8.5 430 0 須貝尚
11 *

8

14 ワンブレスアウェイ 牝6 54 津村 1.48.8 4
    ****
* * 36.5 9 19.6 490 -6 古賀慎
12 *

3

3 カワキタエンカ 牝5 54 池添 1.49.0 1 1/2
    ****
* * 36.8 10 32.3 466 0 浜田
13 *

4

6 ランドネ 牝4 53 戸崎 1.49.0 クビ
    ****
* * 36.5 6 15.5 508 -4 角居
14 *

8

13 ミッキーチャーム 牝4 55 川田 1.49.2 1
    ****
* * 36.8 2 3.7 446 -6 中内田

※成績、配当は主催者発行のものと照合し確認してください。

※上り3F最速の馬は赤字で表示しています。 ※タイムの赤字はレコードを表します。

コーナー通過順
**** ********
**** ********
**** ********
**** ********
平均ハロンなど
平均ハロン ****
上り ****
ペース **
決め手 ****
馬装具 ****
発走状況 ****
通過タイム
600m 800m 1000m 1200m 1400m 1600m
36.0 48.3 59.8 1.12.2 1.24.4 1.35.8
ラップタイム
200m 400m 600m 800m 1000m 1200m 1400m 1600m 1800m
12.5 11.6 11.9 12.3 11.5 12.4 12.2 11.4 11.9
払戻金
単勝

7

1,050円

馬単

7-9

8,180円

複勝

7

9

4

320円

300円

650円

ワイド

7-9

4-7

4-9

1,210円

3,240円

3,250円

枠連

5-6

2,760円

3連複

4-7-9

30,730円

馬連

7-9

3,920円

3連単

7-9-4

163,380円

勝因敗因

 フロンテアクイーン(1着)三浦騎手 先行馬が多くて速くなると予想していました。勝てる力は持っている馬なので、あとは僕の組み立て次第だろうと思っていましたが、追い出しを待つ余裕がありましたし、そこで我慢したことが最後の伸びにつながりました。力のある馬。GⅠでも楽しみです。区切りの勝利を重賞で飾れてうれしいです。

次走へのメモ

フロンテアクイーン……中団の外目で入れ替わる先団をじっと見ながらレースを進めることができた。勝負どころも先に動いたフローレスマジックを目標に進出して、直線半ばでは抜け出してくる。最後は2着馬に猛追されたが、並ばれてから渋太さを見せて善戦続きに終止符を打つ、約2年ぶりの勝利。

前へ

次へ

上へ