2019年5月19日 (当日の馬場情報)

1回新潟8日目

7

サラ4歳以上

(混),500万下,定量

(ダート・左)

晴・良

  1. 750万
  2. 300万
  3. 190万
  4. 110万
  5. 75万

レコード1.49.5

推定タイム

*.**.*

**

レース結果





馬名 性齢 重量 騎手 タイム 着差 通過順位 4角
位置
前半
3F
上り
3F


単勝
オッズ


増減 厩舎
1 *

7

13 シゲルポインター 牡5 57 丸田 1.52.8
    ****
* * 37.5 4 12.8 474 -2 蛯名
2 *

2

2 ロージズキング 牡4 56 木幡巧 1.52.8 クビ
    ****
* * 37.3 3 7.8 508 -6
3 *

5

9 データヴァリュー 牡5 55 西村淳 1.52.9 3/4
    ****
* * 37.4 9 49.1 480 0 中舘
4 *

3

4 キクノフェリックス 牡5 54 藤田菜 1.53.0 1/2
    ****
* * 36.7 2 3.1 494 0 吉田
5 *

4

7 ユキノアンビシャス 牡4 57 内田博 1.53.1 1/2
    ****
* * 37.2 5 15.8 492 0 新開
6 *

1

1 サルーテ 牡4 57 柴山 1.53.1 アタマ
    ****
* * 37.0 7 30.2 558 +12 高木登
7 *

8

14 クラウンロマン 牝6 55 横山和 1.53.5 2 1/2
    ****
* * 38.1 6 24.0 466 +10 小野次
8 *

6

11 リセンティート 牡5 54 木幡育 1.53.7 1
    ****
* * 38.0 11 103.3 498 -4 尾形和
9 *

7

12 シンコーマーチャン 牡5 54 菅原明 1.54.3 3 1/2
    ****
* * 39.1 8 31.1 496 +8 土田
10 *

3

5 マイネルツィール 牡6 57 的場勇 1.54.7 2 1/2
    ****
* * 38.0 10 61.4 482 0 的場
11 *

5

8 ショウナンサリュー 牡5 57 鮫島駿 1.54.8 3/4
    ****
* * 39.1 1 2.0 492 0 高野
12 *

6

10 クスリバコ 牡4 57 1.55.0 1
    ****
* * 39.0 14 224.6 460 +2 星野
13 *

2

3 ハイクアウト セン5 57 中井 1.55.3 1 3/4
    ****
* * 38.6 13 182.9 516 -6 浜田
14 *

8

15 エマブルーム 牝4 55 江田照 1.55.4 3/4
    ****
* * 39.8 12 118.5 438 +4 岩戸
15 *

4

6 パワーズオブテン セン5 57 1.56.7 8
    ****
* * 39.6 15 498.2 412 -10 新開

※成績、配当は主催者発行のものと照合し確認してください。

※上り3F最速の馬は赤字で表示しています。 ※タイムの赤字はレコードを表します。

コーナー通過順
**** ********
**** ********
**** ********
**** ********
平均ハロンなど
平均ハロン ****
上り ****
ペース **
決め手 ****
馬装具 ****
発走状況 ****
通過タイム
600m 800m 1000m 1200m 1400m 1600m
36.8 50.3 1.03.1 1.15.2 1.27.9 1.39.9
ラップタイム
200m 400m 600m 800m 1000m 1200m 1400m 1600m 1800m
12.6 11.4 12.8 13.5 12.8 12.1 12.7 12.0 12.9
払戻金
単勝

13

1,280円

馬単

13-2

9,940円

複勝

13

2

9

350円

230円

1,220円

ワイド

2-13

9-13

2-9

1,470円

5,960円

4,190円

枠連

2-7

2,870円

3連複

2-9-13

78,850円

馬連

2-13

5,570円

3連単

13-2-9

477,070円

勝因敗因

 シゲルポインター(1着)丸田騎手 前半からリズム良くスムーズに走れたことが良かったですね。直線で並びかけられて交わされそうでしたが、最後まで渋太く頑張りました。

次走へのメモ

シゲルポインター……中1週続きも元気。後半は速くなるのだが、途中までは落ち着いた流れのなかで2番手。4角で逃げ馬を交わして先頭に立つと、最後は迫られながらも一杯一杯に押し切る。時計を大幅に短縮しての勝利には驚いた。

前へ

次へ

上へ