2019年4月7日 (当日の馬場情報)

1回福島2日目

1

サラ3歳

牝馬,未勝利

(ダート・右)

曇・良

  1. 500万
  2. 200万
  3. 130万
  4. 75万
  5. 50万

レコード1.43.3

推定タイム

*.**.*

**

レース結果





馬名 性齢 重量 騎手 タイム 着差 通過順位 4角
位置
前半
3F
上り
3F


単勝
オッズ


増減 厩舎
1 *

2

3 プリカジュール 牝3 54 鮫島駿 1.50.0
    ****
* * 40.4 2 7.0 514 +2 寺島
2 *

2

2 アルジェンタータ 牝3 54 丸田 1.50.2 1 1/4
    ****
* * 39.3 5 15.4 424 +4 奥村武
3 *

4

6 ブラックモリオン 牝3 52 西村淳 1.50.5 2
    ****
* * 40.8 3 8.1 482 -6 池添学
4 *

8

14 リップグロス 牝3 54 中井 1.50.6 1/2
    ****
* * 40.4 4 8.1 428 -4 安田隆
5 *

6

10 グレイテスト 牝3 54 津村 1.50.8 1 1/4
    ****
* * 41.0 1 1.8 450 -12 武市
6 *

8

15 トゥービーシック 牝3 54 横山和 1.50.9 1/2
    ****
* * 41.1 8 22.4 426 -2 古賀史
7 *

7

12 フォーアネーム 牝3 54 荻野極 1.51.0 3/4
    ****
* * 40.4 9 35.7 492 -4 田中清
8 *

3

4 ジュリアヴィーナス 牝3 53 加藤祥 1.51.0 ハナ
    ****
* * 39.8 13 131.2 494 -10 浜田
9 *

7

13 メイショウパティオ 牝3 53 富田 1.51.3 1 1/2
    ****
* * 40.7 12 53.8 430 -14 松永昌
10 *

3

5 ノーブルテラ 牝3 51 藤田菜 1.51.4 1/2
    ****
* * 40.3 11 42.2 472 -6 久保田
11 *

4

7 タイムハンドラー 牝3 51 斎藤 1.52.0 3 1/2
    ****
* * 41.8 6 20.2 438 -2 杉山
12 *

5

9 ワンダールウェス 牝3 53 川又 1.52.7 4
    ****
* * 40.5 10 41.3 440 -2 今野
13 *

1

1 メイショウコスイ 牝3 54 太宰 1.52.9 1 1/2
    ****
* * 41.4 7 22.1 462 長谷川
14 *

5

8 シーズンズオブラヴ 牝3 54 嶋田 1.53.1 1 1/4
    ****
* * 41.3 14 219.1 386 -6 手塚
15 *

6

11 ラストミステリー 牝3 54 1.55.8 大差
    ****
* * 44.7 15 280.0 458 +6 和田郎

※成績、配当は主催者発行のものと照合し確認してください。

※上り3F最速の馬は赤字で表示しています。 ※タイムの赤字はレコードを表します。

コーナー通過順
**** ********
**** ********
**** ********
**** ********
平均ハロンなど
平均ハロン ****
上り ****
ペース **
決め手 ****
馬装具 ****
発走状況 ****
通過タイム
600m 800m 1000m 1200m 1400m 1600m
37.0 50.0 1.03.1 1.16.3 1.29.5 1.43.1
ラップタイム
100m 300m 500m 700m 900m 1100m 1300m 1500m 1700m
7.1 11.1 12.3 12.9 13.2 13.0 13.3 13.2 13.9
払戻金
単勝

3

700円

馬単

3-2

8,160円

複勝

3

2

6

200円

530円

260円

ワイド

2-3

3-6

2-6

1,280円

600円

1,930円

枠連

2-2

4,710円

3連複

2-3-6

8,870円

馬連

2-3

4,730円

3連単

3-2-6

49,960円

勝因敗因

 プリカジュール(1着)鮫島駿騎手 小回りの福島でこの内枠。無理をしてでもハナを切ろうと思っていました。行き切ってからはマイペースで運べました。直線は脚が上がってしまいましたが、何とか凌げて良かったです。

次走へのメモ

プリカジュール……馬っぷりがいい。ステッキを入れてハナを主張。先手争いを制したことも大きかったが、小回りローカルに替わったことで持ち前の先行力が生きた。直線半ばで後ろを引き離し、逃げ切り勝ち。

次へ

上へ