2019年2月16日 (当日の馬場情報)

1回東京7日目

2

サラ3歳

[指定],(混),未勝利

(ダート・左)

晴・良

  1. 500万
  2. 200万
  3. 130万
  4. 75万
  5. 50万

レコード1.21.5

推定タイム

*.**.*

**

レース結果





馬名 性齢 重量 騎手 タイム 着差 通過順位 4角
位置
前半
3F
上り
3F


単勝
オッズ


増減 厩舎
1 *

4

8 ベルジュネス 牡3 56 柴山 1.28.1
    ****
* * 37.3 6 13.7 464 +2 畠山吉
2 *

3

5 キングキャラット 牡3 56 柴田大 1.28.3 1 1/2
    ****
* * 36.8 7 18.5 506 -8 南田
3 *

3

6 ペイシャジュエル 牡3 53 山田敬 1.28.5 1 1/2
    ****
* * 37.4 4 7.2 474 0 松永康
4 *

6

11 ゼネラルヴィント 牡3 56 宮崎北 1.28.6 クビ
    ****
* * 38.0 1 3.8 508 -4 伊藤伸
5 *

7

14 タイセイガニアン 牡3 56 戸崎 1.28.7 1/2
    ****
* * 37.6 2 4.3 506 0 池上和
6 *

6

12 ラインシャーロット 牝3 54 津村 1.29.0 1 3/4
    ****
* * 38.1 16 250.5 456 +2 水野
7 *

2

3 チェリーアトラス 牡3 56 横山和 1.29.0 ハナ
    ****
* * 37.9 10 26.7 498 -2 勢司
8 *

2

4 シュンラン 牝3 51 木幡育 1.29.0 クビ
    ****
* * 37.7 9 26.2 446 +6 小桧山
9 *

1

2 オスカーホール 牡3 56 杉原 1.29.5 3
    ****
* * 38.2 12 31.7 496 +32 藤沢和
10 *

1

1 タイキリヴェール 牡3 54 菊沢 1.29.5 ハナ
    ****
* * 37.6 5 8.1 468 +4 菊沢
11 *

5

9 ケイティロード 牡3 54 野中 1.29.6 3/4
    ****
* * 37.6 15 227.8 486 +14 清水英
12 *

7

13 セイウンクロノス 牡3 56 内田博 1.30.1 3
    ****
* * 38.6 3 6.4 440 +10 奥平雅
13 *

8

16 ウィガンテソーロ 牡3 56 大野 1.30.1 ハナ
    ****
* * 38.8 8 20.2 528 田中博
14 *

4

7 ヨドノミラクル セン3 56 北村宏 1.30.2 1/2
    ****
* * 39.1 13 109.5 474 -2 鹿戸雄
15 *

8

15 ランドスケープ 牝3 54 岩田康 1.31.0 5
    ****
* * 39.0 11 28.5 494 武井
16 *

5

10 ディーエスブルーム 牡3 56 勝浦 1.32.5 9
    ****
* * 39.5 14 185.4 456 藤原辰

※成績、配当は主催者発行のものと照合し確認してください。

※上り3F最速の馬は赤字で表示しています。 ※タイムの赤字はレコードを表します。

コーナー通過順
**** ********
**** ********
**** ********
平均ハロンなど
平均ハロン ****
上り ****
ペース **
決め手 ****
馬装具 ****
発走状況 ****
通過タイム
600m 800m 1000m 1200m
37.3 50.6 1.03.3 1.15.4
ラップタイム
200m 400m 600m 800m 1000m 1200m 1400m
12.9 11.9 12.5 13.3 12.7 12.1 12.7
払戻金
単勝

8

1,370円

馬単

8-5

15,030円

複勝

8

5

6

410円

480円

260円

ワイド

5-8

6-8

5-6

2,120円

1,270円

1,370円

枠連

3-4

2,430円

3連複

5-6-8

14,370円

馬連

5-8

7,010円

3連単

8-5-6

101,040円

勝因敗因

 ベルジュネス(1着)柴山騎手 前走は難しい面を見せていましたが、今日は大丈夫でした。スッと2番手につけて、いいレースができました。抜け出して1頭になる形でしたが、よく勝ってくれました。

次走へのメモ

ベルジュネス……2番手でガッチリ。逃げ馬を交わせば、というレースになった。前走の厳しいレースが今回に生きた面もあるし、コーナーワークも改善されて、いい勝ち方ができた。

前へ

次へ

上へ