2018年12月1日

5回中山1日目

9

葉牡丹賞

(特指),(混),2歳,500万円以下,馬齢

(芝A・右内)

晴・良

  1. 1000万
  2. 400万
  3. 250万
  4. 150万
  5. 100万

レコード1.59.9

推定タイム

*.**.*

**

レース結果





馬名 性齢 重量 騎手 タイム 着差 通過順位 4角
位置
前半
3F
上り
3F


単勝
オッズ


増減 厩舎
1 *

6

8 シークレットラン 牡2 55 内田博 1.59.6
    ****
* * 34.5 7 21.8 488 +10 田村
2 *

5

6 ランフォザローゼス 牡2 55 モレイラ 1.59.8 1
    ****
* * 35.2 1 1.9 488 +6 藤沢和
3 *

7

11 サトノラディウス 牡2 55 三浦 1.59.8 クビ
    ****
* * 35.1 6 19.3 494 +2 国枝
4 *

8

13 キタサンバルカン 牡2 55 北村宏 1.59.8 アタマ
    ****
* * 34.1 8 37.8 430 +6 奥村武
5 *

2

2 カイザースクルーン 牡2 55 ビュイ 2.00.1 2
    ****
* * 35.6 3 5.8 500 +14 相沢
6 *

1

1 ルタンブル 牝2 54 丸山 2.00.1 アタマ
    ****
* * 35.0 10 92.4 438 -4 寺島
7 *

3

3 ヴァンケドミンゴ 牡2 55 浜中 2.00.1 ハナ
    ****
* * 35.3 5 18.2 464 +8 藤岡健
8 *

8

12 ボスジラ 牡2 55 戸崎 2.00.2 クビ
    ****
* * 35.9 2 4.3 496 +6 国枝
9 *

4

4 アトミックフォース 牡2 55 大野 2.00.2 ハナ
    ****
* * 34.8 9 74.3 464 +8 武藤
10 *

4

5 テイエムバリバリ 牡2 55 勝浦 2.00.5 2
    ****
* * 35.4 13 330.0 444 -4 石栗
11 *

5

7 マリノジュリア 牝2 54 木幡巧 2.00.9 2 1/2
    ****
* * 35.6 11 118.1 432 0 斎藤誠
12 *

6

9 ウレキサイト 牡2 55 田辺 2.00.9 アタマ
    ****
* * 36.5 4 17.6 494 +6 松永幹
13 *

7

10 マイネルエキサイト 牡2 55 柴田大 2.01.5 3 1/2
    ****
* * 37.2 12 183.0 470 +4 黒岩

※成績、配当は主催者発行のものと照合し確認してください。

※上り3F最速の馬は赤字で表示しています。 ※タイムの赤字はレコードを表します。

コーナー通過順
**** ********
**** ********
**** ********
**** ********
平均ハロンなど
平均ハロン ****
上り ****
ペース **
決め手 ****
馬装具 ****
発走状況 ****
通過タイム
600m 800m 1000m 1200m 1400m 1600m 1800m
35.6 47.8 1.00.1 1.12.2 1.24.3 1.36.2 1.47.6
ラップタイム
200m 400m 600m 800m 1000m 1200m 1400m 1600m 1800m 2000m
12.5 11.1 12.0 12.2 12.3 12.1 12.1 11.9 11.4 12.0
払戻金
単勝

8

2,180円

馬単

8-6

6,440円

複勝

8

6

11

360円

130円

360円

ワイド

6-8

8-11

6-11

760円

2,790円

640円

枠連

5-6

850円

3連複

6-8-11

8,440円

馬連

6-8

2,300円

3連単

8-6-11

76,860円

勝因敗因

 シークレットラン(1着)内田博騎手 新馬戦は行き過ぎてしまいましたが、2戦目はジックリ構えて乗ることができました。本当は4角をもう少し楽に回ってきたかったんですが、他馬が来たので途中から動かざるを得なくなりました。それでも、最後はしっかり伸びてきてくれました。

次走へのメモ

シークレットラン……スタート直後に他馬と接触し、後方の位置取りとなってしまう。慌てず脚をタメられ、3コーナー過ぎからじんわり進出。直線入り口で先行勢に並びかけ、ラストは抜群の瞬発力で抜け切った。未勝利戦時とは違い、開幕週の良馬場にも難なく対応してのレコード勝ち。脚質に幅も持たせる結果となり、次走以降も要注目の一頭となる。

前へ

次へ

上へ