2018年11月24日 (当日の馬場情報)

5回東京7日目

1

サラ2歳

[指定],未勝利

(ダート・左)

晴・良

  1. 500万
  2. 200万
  3. 130万
  4. 75万
  5. 50万

レコード1.23.1

推定タイム

*.**.*

**

レース結果





馬名 性齢 重量 騎手 タイム 着差 通過順位 4角
位置
前半
3F
上り
3F


単勝
オッズ


増減 厩舎
1 *

1

2 ヘニッヒ 牡2 55 内田博 1.27.3
    ****
* * 38.2 7 14.6 462 -2 武井
2 *

4

7 クリスタルアワード 牝2 54 戸崎 1.27.4 クビ
    ****
* * 38.3 2 5.8 454 -8 伊藤圭
3 *

5

9 アイアムハヤスギル 牡2 55 1.27.8 2 1/2
    ****
* * 38.9 6 12.6 476 +2 奥平雅
4 *

3

5 ゲンパチシャドウ 牡2 55 石川裕 1.27.9 1/2
    ****
* * 38.2 3 6.2 464 0 田村
5 *

6

12 ニシノオウキ 牡2 55 田辺 1.28.1 1 1/4
    ****
* * 38.1 4 6.5 474 +6 尾形和
6 *

2

4 タイムアクシス 牝2 54 宮崎北 1.28.4 1 3/4
    ****
* * 38.9 11 231.2 452 -4 青木
7 *

4

8 セクシオンドール 牝2 54 大野 1.28.4 クビ
    ****
* * 39.6 1 2.6 480 +10 和田勇
8 *

7

14 ケイティクラウン セン2 55 嘉藤 1.28.5 3/4
    ****
* * 38.8 12 247.3 476 +2 清水英
9 *

5

10 モリトイナセ 牡2 53 藤田菜 1.29.1 3 1/2
    ****
* * 38.5 9 80.1 472 +2 堀井
10 *

7

13 サンタコマ 牡2 53 横山武 1.29.3 1 1/4
    ****
* * 39.1 5 10.2 462 -2 青木
11 *

1

1 クリュサネル 牡2 54 武藤 1.29.5 1 1/4
    ****
* * 40.8 8 22.1 516 -2 田島俊
12 *

8

16 ドストエフスキー 牡2 53 菊沢 1.30.6 7
    ****
* * 40.6 15 409.4 452 +14 小桧山
13 *

3

6 サイタビーナス 牝2 51 木幡育 1.30.6 クビ
    ****
* * 40.2 14 313.1 464 0 杉浦
14 *

6

11 クリノドドンパ 牝2 54 1.30.8 3/4
    ****
* * 41.3 13 249.4 492 +4 本間
15 *

8

15 ハッピービギニング 牝2 54 柴田善 1.31.5 4
    ****
* * 42.0 10 105.4 478 -4 南田
除外 *

2

3 ホワイトヘブン 牝2 54 武士沢
    ****
* * 456 +10 武市

※成績、配当は主催者発行のものと照合し確認してください。

※上り3F最速の馬は赤字で表示しています。 ※タイムの赤字はレコードを表します。

コーナー通過順
**** ********
**** ********
**** ********
平均ハロンなど
平均ハロン ****
上り ****
ペース **
決め手 ****
馬装具 ****
発走状況 ****
通過タイム
600m 800m 1000m 1200m
35.9 48.7 1.01.5 1.14.3
ラップタイム
200m 400m 600m 800m 1000m 1200m 1400m
12.6 11.2 12.1 12.8 12.8 12.8 13.0
払戻金
単勝

2

1,460円

馬単

2-7

10,750円

複勝

2

7

9

460円

210円

380円

ワイド

2-7

2-9

7-9

1,340円

1,660円

1,440円

枠連

1-4

640円

3連複

2-7-9

16,250円

馬連

2-7

4,000円

3連単

2-7-9

94,070円

勝因敗因

 ヘニッヒ(1着)内田博騎手 前走でテンから出していく競馬をしていたのでやる気になっていました。位置取りにこだわらず流れに乗りましたが、直線に向いても手応えは十分にありましたからね。前が開くまで我慢して開いてからはいい脚を使ってくれました。

次走へのメモ

ヘニッヒ……気配上昇。1完歩目は今ひとつだったが、二の脚で挽回して先行集団のイン。直線は馬群に包まれて、ワンテンポ仕掛けを待たされてしまったが、結果的にここで脚が溜まったのか、残り1ハロンでクリスタルアワードの外へ持ち出すと、ゴール寸前でキッチリ捉えた。

次へ

上へ