2018年9月17日 (当日の馬場情報)

4回中山5日目WIN5 

11

第72回 セントライト記念(GII)

(指定),国際,3歳,オープン,馬齢

(菊花賞TR,3着まで優先出走権)

(芝B・右外)

曇・良

  1. 5400万
  2. 2200万
  3. 1400万
  4. 810万
  5. 540万

レコード2.10.1

推定タイム

*.**.*

**

レース結果





馬名 性齢 重量 騎手 タイム 着差 通過順位 4角
位置
前半
3F
上り
3F


単勝
オッズ


増減 厩舎
1 *

3

4 ジェネラーレウーノ 牡3 56 田辺 2.12.1
    ****
* * 35.2 4 7.3 506 +8 矢野英
2 *

8

15 レイエンダ 牡3 56 ルメール 2.12.3 1 1/4
    ****
* * 34.6 1 1.9 486 0 藤沢和
3 *

2

2 グレイル 牡3 56 岩田康 2.12.5 1 1/4
    ****
* * 34.3 6 19.4 494 +8 野中
4 *

4

7 ブレステイキング 牡3 56 Mデムー 2.12.5 ハナ
    ****
* * 35.1 2 6.9 480 +10
5 *

8

14 オウケンムーン 牡3 56 北村宏 2.12.8 1 3/4
    ****
* * 34.3 10 52.3 446 -2 国枝
6 *

7

12 レイエスプランドル 牡3 56 内田博 2.12.8 ハナ
    ****
* * 34.8 14 284.7 506 +8 吉田
7 *

3

5 コズミックフォース 牡3 56 石橋脩 2.12.9 クビ
    ****
* * 35.5 5 7.9 470 +6 国枝
8 *

2

3 ショウナンラーゼン 牡3 56 吉田隼 2.12.9 ハナ
    ****
* * 35.1 15 360.8 470 0 高野
9 *

6

10 トラストケンシン 牡3 56 三浦 2.12.9 アタマ
    ****
* * 35.1 12 180.5 458 0 高橋文
10 *

4

6 ゼーゲン 牡3 56 大野 2.12.9 クビ
    ****
* * 34.7 9 47.2 430 -12
11 *

5

8 メイショウロセツ 牡3 56 田中勝 2.13.1 1 1/4
    ****
* * 35.7 13 241.7 478 -10 河内
12 *

5

9 タニノフランケル 牡3 56 2.13.2 クビ
    ****
* * 37.6 7 22.2 514 +2 中竹
13 *

1

1 ギベオン 牡3 56 戸崎 2.13.6 2 1/2
    ****
* * 36.5 3 7.1 504 -4 藤原英
14 *

7

13 ダブルフラット 牡3 56 津村 2.13.8 1 1/4
    ****
* * 36.5 8 29.7 496 -8 中竹
15 *

6

11 ケイティクレバー 牡3 56 小林徹 2.13.8 ハナ
    ****
* * 36.8 11 70.5 450 -4 杉山

※成績、配当は主催者発行のものと照合し確認してください。

※上り3F最速の馬は赤字で表示しています。 ※タイムの赤字はレコードを表します。

コーナー通過順
**** ********
**** ********
**** ********
**** ********
平均ハロンなど
平均ハロン ****
上り ****
ペース **
決め手 ****
馬装具 ****
発走状況 ****
通過タイム
600m 800m 1000m 1200m 1400m 1600m 1800m 2000m
35.6 48.0 1.00.9 1.12.9 1.24.4 1.35.6 1.47.2 1.59.5
ラップタイム
200m 400m 600m 800m 1000m 1200m 1400m 1600m 1800m 2000m 2200m
12.4 10.9 12.3 12.4 12.9 12.0 11.5 11.2 11.6 12.3 12.6
払戻金
単勝

4

730円

馬単

4-15

2,300円

複勝

4

15

2

200円

120円

380円

ワイド

4-15

2-4

2-15

380円

1,600円

860円

枠連

3-8

370円

3連複

2-4-15

5,460円

馬連

4-15

900円

3連単

4-15-2

33,050円

勝因敗因

 ジェネラーレウーノ(1着)田辺騎手 主張する馬がいなければ逃げるつもりでしたが、タニノフランケルが先手を取ったので2番手で落ち着きました。3角過ぎで逃げ馬がペースを上げていって、こっちは渋くなりそうだったので早目に追い出しましたが、脚は残っていましたし、割と楽に差してくれましたね。前走のダービーでも2番手でしたが、その時は掛かってしまい、この馬らしくなかったので秋はどうしようかと思っていましたが、気持ちを損なわないように乗ったことがいい方に出てくれました。

次走へのメモ

ジェネラーレウーノ……ホライゾネット。タニノフランケルが何が何でもハナの構えで、無理せず控えて離れた2番手。3角から促してロングスパート。今日は最後まで気を抜くことなく、詰め寄るレイエンダにも交わされる雰囲気はなかった。ダービー大敗からの一変。これで京成杯に続いての重賞2勝目。中山は走る。

前へ

次へ

上へ