2018年9月17日 (当日の馬場情報)

4回中山5日目

6

サラ3歳

[指定],未勝利

(ダート・右)

晴・良

  1. 500万
  2. 200万
  3. 130万
  4. 75万
  5. 50万

レコード1.08.7

推定タイム

*.**.*

**

レース結果


M
y



馬名 性齢 重量 騎手 タイム 着差 通過順位 4角
位置
前半
3F
上り
3F


単勝
オッズ


増減 厩舎
1

*

3

5 ホーカスポーカス 牡3 56 丸山 1.11.7
    ****
* * 37.2 2 5.6 426 -2 根本
2

*

7

13 アテンコール 牡3 56 内田博 1.11.9 1 1/2
    ****
* * 38.0 1 3.2 452 +4 天間
3

*

8

15 ファルコンレイナ 牝3 52 横山武 1.12.0 1/2
    ****
* * 38.1 9 25.7 392 -10 伊藤伸
4

*

2

3 ブルベアダイズ セン3 56 西田 1.12.2 1 1/4
    ****
* * 37.5 15 325.6 490 +8 浅野
5

*

6

11 ガンロック 牡3 56 津村 1.12.2 ハナ
    ****
* * 37.6 6 11.0 460 -4
6

*

1

2 ハッピーオーキッド 牝3 54 嶋田 1.12.2 クビ
    ****
* * 37.7 7 11.8 476 +2 手塚
7

*

3

6 キングオブヘヴン セン3 56 横山典 1.12.2 アタマ
    ****
* * 37.3 10 45.9 458 +8 尾関
8

*

1

1 タイセイゴーディー 牡3 56 石橋脩 1.12.4 1 1/4
    ****
* * 37.3 5 7.3 470 +6 青木
9

*

5

10 オフザロック 牡3 56 江田照 1.12.9 3
    ****
* * 37.4 8 19.2 488 +8 矢野英
10

*

7

14 フォルテドンナ 牝3 51 木幡育 1.13.2 2
    ****
* * 38.0 12 95.7 444 -2 松山将
11

*

6

12 アンティオキア 牝3 53 井上敏 1.13.4 1 1/2
    ****
* * 39.0 14 239.3 456 +4
12

*

8

16 スターヴォヤージ 牝3 54 岩田康 1.13.5 クビ
    ****
* * 38.6 11 81.1 436 +4 斎藤誠
13

*

4

7 エラスタル 牡3 53 山田敬 1.14.4 5
    ****
* * 38.9 13 178.4 492 -4 大江原
14

*

4

8 フライハイト 牝3 54 三浦 1.14.6 1 1/4
    ****
* * 40.3 3 6.0 456 +2 高柳瑞
15

*

2

4 エクスポジション 牝3 52 藤田菜 1.15.2 4
    ****
* * 39.8 4 6.9 474 +4 国枝
16

*

5

9 キュアエンジェル 牝3 54 宮崎北 1.16.3 7
    ****
* * 40.9 16 370.5 440 +10 松山将

※成績、配当は主催者発行のものと照合し確認してください。

※上り3F最速の馬は赤字で表示しています。 ※タイムの赤字はレコードを表します。

コーナー通過順
**** ********
**** ********
**** ********
平均ハロンなど
平均ハロン ****
上り ****
ペース **
決め手 ****
馬装具 ****
発走状況 ****
通過タイム
600m 800m 1000m
33.9 46.0 58.3
ラップタイム
200m 400m 600m 800m 1000m 1200m
12.0 10.7 11.2 12.1 12.3 13.4
払戻金
単勝

5

560円

馬単

5-13

2,100円

複勝

5

13

15

200円

140円

490円

ワイド

5-13

5-15

13-15

440円

1,800円

1,210円

枠連

3-7

900円

3連複

5-13-15

6,010円

馬連

5-13

980円

3連単

5-13-15

30,020円

勝因敗因

 ホーカスポーカス(1着)丸山騎手 使い込んでいたので馬は一杯一杯でしたが、前2頭が引っ張る形で息が入り、展開が向きましたね。最後はよく頑張ってくれました。

次走へのメモ

ホーカスポーカス……久々のダート1200メートルにも難なく対応。結果的に、離れた3番手が絶好位になった。あの位置から上がり600メートル最速だから、完勝と言える内容。タイムはほぼ水準か。

前へ

次へ

上へ