2018年6月3日 (当日の馬場情報)

3回東京2日目

12

三浦特別

[指定],(混),3歳以上,1000万円以下,定量

(ダート・左)

晴・良

  1. 1500万
  2. 600万
  3. 380万
  4. 230万
  5. 150万

レコード1.33.8

推定タイム

*.**.*

**

レース結果





馬名 性齢 重量 騎手 タイム 着差 通過順位 4角
位置
前半
3F
上り
3F


単勝
オッズ


増減 厩舎
1 *

4

6 サルサディオーネ 牝4 55 丸山 1.37.1
    ****
* * 37.0 5 7.7 506 +10 羽月
2 *

1

1 タガノカトレア 牝4 55 川田 1.37.3 1 1/4
    ****
* * 36.8 4 5.4 436 +4 岡田
3 *

3

4 インザバブル 牡5 57 津村 1.37.5 1
    ****
* * 36.7 6 7.9 492 0 新開
4 *

6

11 ディアドナテロ 牡6 57 田辺 1.37.5 ハナ
    ****
* * 36.9 10 71.4 498 +4 高橋裕
5 *

3

5 エンパイアブルー 牝6 55 福永 1.37.6 1/2
    ****
* * 36.9 1 4.8 474 +8 藤原英
6 *

7

13 ダイワインパルス 牡6 57 三浦 1.37.6 クビ
    ****
* * 36.4 2 5.4 480 0 宗像
7 *

5

9 シベリウス 牡5 57 大野 1.37.7 3/4
    ****
* * 36.6 11 73.5 462 0 藤原辰
8 *

5

8 フジゴウカイ 牡6 57 嘉藤 1.37.9 1
    ****
* * 36.3 13 148.0 508 -8 高市
9 *

7

12 サトノメサイア 牡6 57 クリッパ 1.38.0 3/4
    ****
* * 36.8 8 15.3 522 0
10 *

2

3 シルバーポジー 牝5 55 戸崎 1.38.2 1
    ****
* * 37.4 3 5.4 500 +8 池江寿
11 *

4

7 フクノグリュック 牡6 57 横山典 1.38.4 1 1/4
    ****
* * 37.1 7 12.5 504 -10 杉浦
12 *

6

10 ボールドアテンプト 牝5 55 北村宏 1.38.4 クビ
    ****
* * 37.3 12 94.8 462 -2 古賀慎
13 *

2

2 ポルトドレーヴ セン5 57 内田博 1.38.5 クビ
    ****
* * 37.3 9 28.1 464 0 古賀慎
14 *

8

15 エターナルヒーロー セン8 57 江田照 1.38.5 アタマ
    ****
* * 37.0 14 200.1 470 +2 栗田博
15 *

8

14 キャプテンロビン 牡4 57 横山和 1.39.9 9
    ****
* * 39.5 15 207.0 452 +4 古賀史

※成績、配当は主催者発行のものと照合し確認してください。

※上り3F最速の馬は赤字で表示しています。 ※タイムの赤字はレコードを表します。

コーナー通過順
**** ********
**** ********
**** ********
平均ハロンなど
平均ハロン ****
上り ****
ペース **
決め手 ****
馬装具 ****
発走状況 ****
通過タイム
600m 800m 1000m 1200m 1400m
35.4 47.7 1.00.1 1.12.3 1.24.3
ラップタイム
200m 400m 600m 800m 1000m 1200m 1400m 1600m
12.3 11.3 11.8 12.3 12.4 12.2 12.0 12.8
払戻金
単勝

6

770円

馬単

6-1

4,950円

複勝

6

1

4

320円

220円

260円

ワイド

1-6

4-6

1-4

960円

1,440円

730円

枠連

1-4

1,450円

3連複

1-4-6

6,390円

馬連

1-6

2,510円

3連単

6-1-4

33,650円

勝因敗因

 サルサディオーネ(1着)羽月調教師 やはり自分の形で運べたのが良かったですね。降級して相手は楽になっていましたが、この馬は自分との戦いですからね。初めての距離にも対応してくれたし、スムーズな競馬ができたのが良かったです。

次走へのメモ

サルサディオーネ……チークピーシズ。押して先手を主張。3~4角の途中で自らペースアップすると、直線入り口では後ろとの差を広げていた。残り400メートルでステッキを入れてラストスパート。尾っぽを振って気難しい面は出していたが、後続の馬たちに並ばせることなく逃げ切り。今回は降級戦でもあったが、実績あるダートで地力を示す。

前へ

上へ