2018年5月19日 (当日の馬場情報)

3回京都9日目

6

サラ3歳

(指定),(混),500万下

(ダート・右)

晴・稍重

  1. 720万
  2. 290万
  3. 180万
  4. 110万
  5. 72万

レコード1.21.7

推定タイム

*.**.*

**

レース結果


M
y



馬名 性齢 重量 騎手 タイム 着差 通過順位 4角
位置
前半
3F
上り
3F


単勝
オッズ


増減 厩舎
1

*

2

3 ソウルセイバー 牡3 56 大野 1.25.1
    ****
* * 37.3 12 57.3 528 +2 中竹
2

*

8

15 グローリーグローリ 牡3 56 和田竜 1.25.1 クビ
    ****
* * 37.6 3 7.1 486 +2 五十嵐
3

*

1

1 メイショウアキツ 牡3 56 国分恭 1.25.4 1 3/4
    ****
* * 37.9 13 73.2 448 0 坂口則
4

*

2

4 ジュピターカリスト 牡3 56 ルメール 1.25.5 1/2
    ****
* * 37.5 2 4.5 546 +4 池江寿
5

*

8

16 シャテーヌ 牝3 54 藤岡佑 1.25.5 アタマ
    ****
* * 38.6 11 38.5 502 +8 宮本
6

*

7

13 メイショウルクール 牝3 54 鮫島良 1.25.6 クビ
    ****
* * 37.8 7 12.0 460 -6 飯田祐
7

*

4

7 タッチアコード 牝3 54 川田 1.25.6 ハナ
    ****
* * 38.5 6 11.2 464 +14 大久龍
8

*

3

5 バクハツ 牡3 56 武豊 1.25.7 1/2
    ****
* * 37.6 4 8.0 510 0 小崎
9

*

3

6 ニシノダンテ 牡3 56 古川吉 1.25.7 クビ
    ****
* * 37.8 14 124.8 482 0 田所秀
10

*

1

2 イチネンプリンス 牡3 56 岩田康 1.25.8 1/2
    ****
* * 37.0 10 25.9 456 0 吉田
11

*

7

14 オペラアクター 牡3 56 藤岡康 1.26.2 2 1/2
    ****
* * 37.0 9 21.8 410 -4 木原
12

*

6

11 モンサンフィエール 牡3 56 小牧太 1.26.3 1/2
    ****
* * 38.5 5 8.4 454 +12 飯田祐
13

*

6

12 サンマルミヤビ 牝3 54 岩崎翼 1.26.3 クビ
    ****
* * 37.9 16 228.8 448 -2 牧浦
14

*

5

9 メリッサーニ 牝3 54 Mデムー 1.26.4 1/2
    ****
* * 38.2 1 4.0 498 +4 笹田
15

*

4

8 レディバード 牝3 53 坂井瑠 1.26.6 1 1/4
    ****
* * 39.3 8 14.6 472 +6 小崎
16

*

5

10 スカイルーク 牡3 56 1.27.3 4
    ****
* * 40.0 15 207.6 460 0 羽月

※成績、配当は主催者発行のものと照合し確認してください。

※上り3F最速の馬は赤字で表示しています。 ※タイムの赤字はレコードを表します。

コーナー通過順
**** ********
**** ********
**** ********
平均ハロンなど
平均ハロン ****
上り ****
ペース **
決め手 ****
馬装具 ****
発走状況 ****
通過タイム
600m 800m 1000m 1200m
34.9 46.9 59.3 1.12.0
ラップタイム
200m 400m 600m 800m 1000m 1200m 1400m
12.4 10.9 11.6 12.0 12.4 12.7 13.1
払戻金
単勝

3

5,730円

馬単

3-15

43,840円

複勝

3

15

1

1,360円

290円

1,460円

ワイド

3-15

1-3

1-15

5,150円

17,850円

6,920円

枠連

2-8

1,360円

3連複

1-3-15

251,070円

馬連

3-15

19,330円

3連単

3-15-1

1,017,550円

勝因敗因

 ソウルセイバー(1着)大野騎手 まだハミを取ったり取らなかったり、不安定なところがあるけど、最後はいい脚でしたし、挟まれてから脚を使ってくれました。馬込みの中がいいタイプかもしれません。

次走へのメモ

ソウルセイバー……押して押して、更にステッキも入れて中団のラチ沿い。ずっと追走に余裕はなかったが、直線も内目を突いてひと追い毎に伸びてきた。行くところ行くところで前は開いていたが、手応え以上の渋太さだった。

前へ

次へ

上へ