2018年9月1日 (当日の馬場情報)

2回札幌5日目

2

サラ2歳

[指定],(混),未勝利

(芝C・右)

晴・稍重

  1. 500万
  2. 200万
  3. 130万
  4. 75万
  5. 50万

基準タイム2.04.2

推定タイム

*.**.*

**

レース結果





馬名 性齢 重量 騎手 タイム 着差 通過順位 4角
位置
前半
3F
上り
3F


単勝
オッズ


増減 厩舎
1 *

3

6 ヘリオス 牡2 54 ルメール 2.06.9
    ****
* * 38.1 1 2.2 466 -6 友道
2 *

2

4 マコトジュズマル 牡2 54 Mデムー 2.07.0 3/4
    ****
* * 38.4 2 3.7 472 0 鮫島
3 *

4

8 タイセイアヴァンセ 牝2 54 菱田 2.07.1 クビ
    ****
* * 38.8 12 241.7 414 +2 青木
4 *

5

9 レッドエンヴィー 牡2 54 藤岡康 2.07.3 1 1/4
    ****
* * 39.1 3 7.0 472 0 須貝尚
5 *

1

2 フライクーゲル 牡2 54 池添 2.07.3 クビ
    ****
* * 38.4 5 10.8 456 +8 黒岩
6 *

6

11 トーセンジェロニモ 牡2 52 菊沢 2.07.5 1
    ****
* * 38.5 8 89.2 478 +6 菊沢
7 *

3

5 シバハマ 牡2 54 2.08.1 3 1/2
    ****
* * 39.1 9 116.6 496 +8 和田郎
8 *

4

7 ブラックウォーリア 牡2 54 岩田康 2.08.2 3/4
    ****
* * 39.8 4 8.3 492 -4 西村
9 *

7

13 アスカエンペラー 牡2 54 蛯名 2.08.5 1 3/4
    ****
* * 38.9 11 232.1 464 -8 本間
10 *

1

1 マサハヤブリュッヘ 牡2 54 五十嵐冬 2.08.7 1 1/4
    ****
* * 38.9 13 248.3 448 -6 今野
11 *

8

15 ロードリバーサル 牡2 54 藤岡佑 2.08.8 1/2
    ****
* * 40.2 6 17.7 482 +2 藤岡健
12 *

6

12 モングラン 牡2 54 勝浦 2.08.9 クビ
    ****
* * 39.9 10 206.1 504 0 西浦
13 *

5

10 フクヒコ 牡2 54 荻野琢 2.08.9 クビ
    ****
* * 40.3 16 536.3 464 -8 松下
14 *

2

3 ブラックルシアン 牡2 54 丸山 2.09.0 クビ
    ****
* * 40.1 7 52.4 498 +18 根本
15 *

7

14 トーセンベリーニ 牡2 54 柴山 2.09.1 3/4
    ****
* * 39.4 14 272.3 460 -8 武幸
16 *

8

16 シゲルクロダイヤ 牡2 54 古川吉 2.09.2 1/2
    ****
* * 40.5 15 277.6 498 +6

※成績、配当は主催者発行のものと照合し確認してください。

※上り3F最速の馬は赤字で表示しています。 ※タイムの赤字はレコードを表します。

コーナー通過順
**** ********
**** ********
**** ********
**** ********
平均ハロンなど
平均ハロン ****
上り ****
ペース **
決め手 ****
馬装具 ****
発走状況 ****
通過タイム
600m 800m 1000m 1200m 1400m 1600m 1800m
37.8 50.8 1.03.8 1.15.7 1.28.2 1.41.0 1.53.8
ラップタイム
200m 400m 600m 800m 1000m 1200m 1400m 1600m 1800m 2000m
13.2 11.7 12.9 13.0 13.0 11.9 12.5 12.8 12.8 13.1
払戻金
単勝

6

220円

馬単

6-4

700円

複勝

6

4

8

120円

140円

1,800円

ワイド

4-6

6-8

4-8

200円

6,550円

6,610円

枠連

2-3

320円

3連複

4-6-8

17,700円

馬連

4-6

380円

3連単

6-4-8

49,370円

勝因敗因

 ヘリオス(1着)ルメール騎手 初戦と違って意識的に控えるレースを。そのせいか物見していたし、勝負どころの反応も鈍かったが、ラスト100メートルでようやく走り出してくれた。距離は2000メートル以上あった方がいいね。

次走へのメモ

ヘリオス……チークピーシズ。今日は中団の少し前で脚をタメる形。4角手前の反応はそれほど良くなかったが、直線で外に出すとグイグイ伸びて突き抜けた。差す形で勝てたのは収穫。まだ馬体には余裕があるくらいだったので、上積みも見込める。

前へ

次へ

上へ