2018年1月21日 (当日の馬場情報)

1回中山7日目

3

サラ3歳

[指定],(混),未勝利

(ダート・右)

晴・稍重

  1. 500万
  2. 200万
  3. 130万
  4. 75万
  5. 50万

レコード1.08.7

推定タイム

*.**.*

**

レース結果


M
y



馬名 性齢 重量 騎手 タイム 着差 通過順位 4角
位置
前半
3F
上り
3F


単勝
オッズ


増減 厩舎
1

*

8

16 トーセンスティール 牡3 56 田中勝 1.12.8
    ****
* * 37.9 2 5.9 514 +6 宗像
2

*

4

7 チビノオリヴィア 牝3 54 北村宏 1.13.0 1 1/4
    ****
* * 37.3 1 1.7 456 -2 栗田徹
3

*

5

9 ディアバビアナ 牝3 54 戸崎 1.13.2 1 1/2
    ****
* * 38.8 4 9.6 476 -4 高橋裕
4

*

4

8 コスモビスティー 牡3 56 1.13.5 1 3/4
    ****
* * 38.1 3 7.1 474 0 松山将
5

*

1

2 アノマリー 牡3 56 津村 1.13.7 1 1/4
    ****
* * 39.4 7 22.5 492 -6 岩戸
6

*

6

12 タイセイゴーディー 牡3 56 石橋脩 1.13.8 3/4
    ****
* * 38.6 8 22.8 466 -2 青木
7

*

2

3 キリシマアオゾラ 牝3 54 江田照 1.14.0 1 1/4
    ****
* * 38.6 15 276.9 422 +4 石毛
8

*

8

15 ザブルグ 牡3 56 三浦 1.14.1 1/2
    ****
* * 39.4 6 16.6 462 -2 高柳瑞
9

*

2

4 トップフィリア 牡3 56 岩田康 1.14.1 ハナ
    ****
* * 39.2 5 14.4 458 -2 斎藤誠
10

*

3

5 スターオンザヒル 牡3 56 武士沢 1.14.3 1
    ****
* * 37.1 10 76.7 504 +2 南田
11

*

7

13 ディセントファミリ 牡3 55 木幡初 1.14.3 クビ
    ****
* * 39.3 12 129.7 462 -2 和田道
12

*

3

6 アリババ 牡3 53 武藤 1.14.4 クビ
    ****
* * 38.0 13 158.4 440 -6 粕谷
13

*

1

1 ペイシャキャサリン 牝3 51 野中 1.14.7 1 3/4
    ****
* * 39.9 11 92.3 432 +4 本間
14

*

7

14 カレンナヴォーグ 牝3 54 横山和 1.15.1 2 1/2
    ****
* * 37.3 14 219.6 472 的場
15

*

5

10 ジャベルアンドレ 牝3 54 柴田大 1.15.1 アタマ
    ****
* * 40.0 9 66.7 524 +2
16

*

6

11 カシノパンプアップ 牡3 56 西田 1.15.9 5
    ****
* * 39.6 16 428.2 466 +5 二本柳

※成績、配当は主催者発行のものと照合し確認してください。

※上り3F最速の馬は赤字で表示しています。 ※タイムの赤字はレコードを表します。

コーナー通過順
**** ********
**** ********
**** ********
平均ハロンなど
平均ハロン ****
上り ****
ペース **
決め手 ****
馬装具 ****
発走状況 ****
通過タイム
600m 800m 1000m
34.3 46.6 59.6
ラップタイム
200m 400m 600m 800m 1000m 1200m
11.9 10.7 11.7 12.3 13.0 13.2
払戻金
単勝

16

590円

馬単

16-7

1,820円

複勝

16

7

9

180円

110円

210円

ワイド

7-16

9-16

7-9

310円

790円

340円

枠連

4-8

290円

3連複

7-9-16

1,600円

馬連

7-16

560円

3連単

16-7-9

11,690円

勝因敗因

 トーセンスティール(1着)田中勝騎手 少し間隔が開いていましたが、逆に馬が良くなっていました。外枠ということもあってスムーズにレースができましたし、ダート1200メートルという条件も合っていますね。

次走へのメモ

トーセンスティール……若干、余裕残しだったが、大外枠の分だけ自分のリズムで走ることはできた。勝負どころはいつ仕掛けようかといった手応え。先に抜け出した3着馬を目標に追い出して、アッサリ抜け出してきた。まだ上積みもある。

前へ

次へ

上へ