2018年2月4日 (当日の馬場情報)

1回東京4日目

7

サラ4歳以上

[指定],(混),500万下,定量

(芝D・左)

晴・稍重

  1. 750万
  2. 300万
  3. 190万
  4. 110万
  5. 75万

レコード1.44.2

推定タイム

*.**.*

**

レース結果


M
y



馬名 性齢 重量 騎手 タイム 着差 通過順位 4角
位置
前半
3F
上り
3F


単勝
オッズ


増減 厩舎
1

*

4

7 クラークキー 牡4 56 戸崎 1.48.1
    ****
* * 34.1 1 3.1 480 0 池上弘
2

*

2

3 エリティエール 牝4 54 池添 1.48.2 1/2
    ****
* * 33.7 2 5.3 438 +6 大竹
3

*

5

9 アルトリウス 牡4 53 武藤 1.48.4 1 1/2
    ****
* * 33.6 4 8.0 472 +4 藤沢和
4

*

1

2 クワトロガッツ 牡7 57 柴山 1.48.5 クビ
    ****
* * 35.2 10 46.6 456 +2 伊藤大
5

*

4

8 プレシャスメイト 牝6 55 田辺 1.49.0 3
    ****
* * 33.8 8 24.1 464 +6 奥村武
6

*

8

16 フラワープレミア 牡4 56 三浦 1.49.0 ハナ
    ****
* * 34.8 13 166.9 482 +2 池上和
7

*

6

11 サトノルーラー 牡4 56 横山典 1.49.0 クビ
    ****
* * 34.5 7 13.9 514 +14 国枝
8

*

7

14 アメリカンヘブン セン5 57 福永 1.49.0 ハナ
    ****
* * 34.7 6 9.0 478 0 戸田
9

*

2

4 ローズクランス 牡5 57 津村 1.49.0 ハナ
    ****
* * 34.3 5 8.6 514 +2 手塚
10

*

1

1 メルドオール 牡6 57 北村宏 1.49.1 クビ
    ****
* * 35.0 14 175.1 450 +8 加藤和
11

*

6

12 レッドボヌール 牝4 54 田中勝 1.49.3 1 1/4
    ****
* * 34.8 11 47.5 416 -2 宗像
12

*

3

6 コスモスピード 牡4 56 柴田大 1.49.5 1 1/4
    ****
* * 34.8 12 60.5 452 0 高橋祥
13

*

8

15 ジェードグリーン セン4 56 石橋脩 1.49.8 1 3/4
    ****
* * 35.1 3 5.5 472 +12 栗田徹
14

*

7

13 フィールザサンダー 牡4 56 内田博 1.50.0 1 1/2
    ****
* * 35.0 9 43.2 452 0 谷原
15

*

5

10 キューバンマンボ 牝4 51 野中 1.50.1 3/4
    ****
* * 35.0 16 401.1 446 -2 和田道
16

*

3

5 ヒロノワカムシャ セン4 56 大野 1.51.4 8
    ****
* * 35.9 15 296.1 478 +4 柴田人

※成績、配当は主催者発行のものと照合し確認してください。

※上り3F最速の馬は赤字で表示しています。 ※タイムの赤字はレコードを表します。

コーナー通過順
**** ********
**** ********
**** ********
**** ********
平均ハロンなど
平均ハロン ****
上り ****
ペース **
決め手 ****
馬装具 ****
発走状況 ****
通過タイム
600m 800m 1000m 1200m 1400m 1600m
36.0 48.6 1.01.3 1.13.3 1.24.6 1.36.3
ラップタイム
200m 400m 600m 800m 1000m 1200m 1400m 1600m 1800m
12.9 11.1 12.0 12.6 12.7 12.0 11.3 11.7 11.8
払戻金
単勝

7

310円

馬単

7-3

1,940円

複勝

7

3

9

140円

210円

230円

ワイド

3-7

7-9

3-9

500円

500円

1,120円

枠連

2-4

510円

3連複

3-7-9

3,130円

馬連

3-7

1,240円

3連単

7-3-9

12,590円

勝因敗因

 クラークキー(1着)戸崎騎手 テンションを心配していましたが今日は我慢も利いていましたし、スタートもポンと出てくれました。ここでは力が違うというようなレースをしてくれました。

次走へのメモ

クラークキー……今日は発馬を決め、掛かり気味に先行。内からクワトロガッツが逃げてレースを引っ張ったところで幾分楽になる。手応え良く直線に向き、ラスト1ハロンで抜け出し押し切る。落ち着きがあったことと、ゲート練習の効果で流れに乗れたことが大きい。正攻法で完勝。

前へ

次へ

上へ