2017年2月26日 (当日の馬場情報)

2回中山2日目

3

サラ3歳

[指定],新馬

(ダート・右)

晴・良

  1. 600万
  2. 240万
  3. 150万
  4. 90万
  5. 60万

レコード1.08.7

推定タイム

*.**.*

**

レース結果





馬名 性齢 重量 騎手 タイム 着差 通過順位 4角
位置
前半
3F
上り
3F


単勝
オッズ


増減 厩舎
1 *

8

16 タケデンサンダー 牡3 56 横山典 1.14.8
    ****
* * 40.0 2 6.2 468 武市
2 *

1

2 ウェントワース 牝3 54 北村宏 1.15.1 1 3/4
    ****
* * 38.9 1 2.0 466 栗田徹
3 *

5

10 レディビギン 牝3 52 木幡巧 1.15.1 ハナ
    ****
* * 39.8 6 19.7 446
4 *

4

7 サウスカップ 牝3 54 Mデムー 1.15.3 1 1/2
    ****
* * 39.8 3 6.5 432 尾関
5 *

3

5 サンコロナ 牝3 54 田中博 1.15.8 3
    ****
* * 38.8 9 59.1 420 天間
6 *

2

4 カンバンムスメ 牝3 54 西田 1.15.8 ハナ
    ****
* * 38.9 12 95.5 440 松永康
7 *

6

11 ラリュール 牝3 54 吉田豊 1.15.8 ハナ
    ****
* * 40.7 10 88.5 448 池上和
8 *

2

3 トリックコンボ 牡3 56 村田 1.16.1 1 3/4
    ****
* * 39.8 7 30.5 478 藤原辰
9 *

1

1 ストレリチア 牝3 54 江田照 1.16.2 3/4
    ****
* * 39.4 8 31.2 452 大江原
10 *

7

13 トウケイシデン 牡3 56 ルメール 1.16.9 4
    ****
* * 41.6 4 6.5 472 清水久
11 *

5

9 シャンハイダディ 牡3 54 井上敏 1.17.1 3/4
    ****
* * 40.1 15 284.9 478 加藤和
12 *

6

12 アキノリーツリー 牝3 51 菊沢 1.17.4 2
    ****
* * 41.3 16 314.1 458 田中剛
13 *

4

8 アラマキ 牝3 54 石川裕 1.17.5 クビ
    ****
* * 42.5 5 9.0 468 高橋裕
14 *

8

15 ラブリーエトワル 牝3 54 内田博 1.17.7 1 1/4
    ****
* * 42.1 11 94.6 444 加藤和
15 *

7

14 セイカポコアポコ 牡3 56 武士沢 1.17.9 1 1/4
    ****
* * 40.2 13 110.9 444 小野次
16 *

3

6 ダークガーランド 牡3 56 岩部 1.18.1 1
    ****
* * 41.5 14 186.0 446 伊藤正

※成績、配当は主催者発行のものと照合し確認してください。

※上り3F最速の馬は赤字で表示しています。 ※タイムの赤字はレコードを表します。

コーナー通過順
**** ********
**** ********
**** ********
平均ハロンなど
平均ハロン ****
上り ****
ペース **
決め手 ****
馬装具 ****
発走状況 ****
通過タイム
600m 800m 1000m
34.8 48.4 1.01.4
ラップタイム
200m 400m 600m 800m 1000m 1200m
12.1 10.8 11.9 13.6 13.0 13.4
払戻金
単勝

16

620円

馬単

16-2

1,900円

複勝

16

2

10

170円

120円

310円

ワイド

2-16

10-16

2-10

340円

1,370円

680円

枠連

1-8

710円

3連複

2-10-16

3,370円

馬連

2-16

770円

3連単

16-2-10

17,760円

勝因敗因

 タケデンサンダー(1着)武市調教師 スタートがうまく決まったので、強気なレースができたね。直前の攻め馬でいい動きを見せていたし、その通りの結果が出せたと思う。最後に少し甘くなったのは、もうひと追い欲しかった分だろう。これからひと息入れる予定だが、乗り役さんは芝の中距離くらいでも良さそうだと言っていたよ。

次走へのメモ

タケデンサンダー……激しい先行争いを制してハナへ。新馬戦としては厳しい流れになったが、直線は後続を突き放す強い勝ち方だった。上がりがかかった分、時計は地味になったが、馬体にはまだ余裕が感じられて次走の伸びしろも十分にありそう。

前へ

次へ

上へ