2回中山2日目

馬場傾向 (担当TMが全レースを見た後の馬場傾向を解説)

担当TMによる馬場傾向の解説は競馬ブックweb、webライト会員のみのサービスとなります。

JRA発表

馬場情報(金曜日正午現在)

天候=晴れ。芝コース=良馬場。
 Aコースを使用します。

(内)1周距離1667.1m直線距離310.0m幅員20~32m
(外)1周距離1839.7m直線距離310.0m幅員20~32m

 野芝に洋芝(イタリアンライグラス)をオーバーシードした状態で施行します。第1回中山競馬終了後、馬場表面の凹凸整正及び肥料散布、約2週間のシート養生を実施しました。芝は概ね順調に生育しており全体的に良好な状態です。開催前に芝馬場のクッション性確保のためエアレーション作業を実施しました。凍結防止及び芝保護のため、日陰部等のシート養生を行う場合があります。開催日前日に散水を実施する場合があります。20日(月)散水を実施。20日(月)からの中間雨量は18㎜。開催当日の芝の長さは野芝6~8㎝、洋芝10~14㎝。

ダートコース=稍重馬場。
1周距離1493.0m直線距離308.0m幅員20~25m
 21日(火)22日(水)24日(金)クッション砂の砂厚を9㎝(従来通り)で調整しています。クッション砂の凍結防止のため、コース全面に凍結防止剤を散布する場合があります。

障害コース=野芝と洋芝(トールフェスクとイタリアンライグラス)の混生状態で施行します。凍結防止及び芝保護のため、障害飛越前後のシート養生を行う場合があります。開催当日の芝の長さは野芝6~8㎝、洋芝10~14㎝。