2017年1月7日 (当日の馬場情報)

1回中山2日目

11

ポルックスステークス

[指定],(混),オープン,別定

(ダート・右)

晴・良

  1. 2200万
  2. 880万
  3. 550万
  4. 330万
  5. 220万

レコード1.48.5

推定タイム

*.**.*

**

レース結果





馬名 性齢 重量 騎手 タイム 着差 通過順位 4角
位置
前半
3F
上り
3F


単勝
オッズ


増減 厩舎
1 *

3

4 ドリームキラリ 牡5 56 松岡 1.52.9
    ****
* * 38.3 5 10.9 488 +2 矢作
2 *

4

5 センチュリオン 牡5 56 大野 1.52.9 アタマ
    ****
* * 37.3 2 4.2 532 +2 田村
3 *

1

1 タムロミラクル 牡5 56 田中勝 1.53.2 1 3/4
    ****
* * 37.4 6 15.8 474 -2 西園
4 *

4

6 メイショウスミトモ 牡6 57 吉田隼 1.53.3 3/4
    ****
* * 38.0 8 18.9 478 +4 南井
5 *

5

8 バスタータイプ 牡5 56 内田博 1.53.5 3/4
    ****
* * 37.4 3 5.7 538 +12 佐藤正
6 *

2

2 ピットボス 牡4 55 戸崎 1.53.7 1 1/2
    ****
* * 38.1 1 2.9 518 +6 清水久
7 *

8

13 ブライトアイディア 牡7 56 蛯名 1.53.8 クビ
    ****
* * 39.1 11 57.9 522 -6
8 *

5

7 サンマルデューク 牡8 58 武士沢 1.53.9 1/2
    ****
* * 37.5 7 17.0 510 +2 小島太
9 *

7

12 タマノブリュネット 牝5 55 田辺 1.54.0 1/2
    ****
* * 38.2 9 25.9 484 +5 高柳瑞
10 *

3

3 フィールザスマート 牡6 56 吉田豊 1.54.1 3/4
    ****
* * 38.2 12 83.1 516 +2 新開
11 *

8

14 ジェベルムーサ 牡7 58 柴山 1.54.9 5
    ****
* * 39.2 4 7.2 566 +4 大竹
12 *

6

10 ビービーバーレル 牝4 53 石橋脩 1.55.0 3/4
    ****
* * 40.3 10 43.4 500 +6 中舘
13 *

7

11 フォローハート 牝6 54 石川裕 1.56.1 7
    ****
* * 41.0 13 184.1 484 +7 河内
14 *

6

9 ポッドガイ 牡4 55 津村 1.57.7 10
    ****
* * 42.5 14 245.7 526 +21 武市

※成績、配当は主催者発行のものと照合し確認してください。

※上り3F最速の馬は赤字で表示しています。 ※タイムの赤字はレコードを表します。

コーナー通過順
**** ********
**** ********
**** ********
**** ********
**** ********
平均ハロンなど
平均ハロン ****
上り ****
ペース **
決め手 ****
馬装具 ****
発走状況 ****
通過タイム
600m 800m 1000m 1200m 1400m 1600m
37.2 50.3 1.02.5 1.14.6 1.27.0 1.39.4
ラップタイム
200m 400m 600m 800m 1000m 1200m 1400m 1600m 1800m
12.6 11.8 12.8 13.1 12.2 12.1 12.4 12.4 13.5
払戻金
単勝

4

1,090円

馬単

4-5

5,220円

複勝

4

5

1

350円

170円

350円

ワイド

4-5

1-4

1-5

870円

2,480円

900円

枠連

3-4

1,760円

3連複

1-4-5

9,710円

馬連

4-5

2,440円

3連単

4-5-1

50,160円

勝因敗因

 ドリームキラリ(1着)松岡騎手 チークピーシズを着けて反応が変わっていると思ったし、まっさらなイメージで乗りました。ハナへ行ってもずっと手応えが良かったし、効果がありましたね。後続に来られて早目に仕掛けながらも勝ってくれたし、マイペースで運べていれば、もっと楽に勝てていたと思いますよ。

次走へのメモ

ドリームキラリ……馬場先出し。初チークピーシズ。注文通りに先手。道中は突つかれていたが、この馬のペースではあったか。勝負どころもついてこられたが、直線入り口でこれらを振り切り、最後は一杯一杯に凌ぎ切った。

前へ

次へ

上へ