2016年10月30日 (当日の馬場情報)

4回京都9日目

1

サラ2歳

[指定],(混),未勝利

(ダート・右)

晴・良

  1. 500万
  2. 200万
  3. 130万
  4. 75万
  5. 50万

レコード1.51.7

推定タイム

*.**.*

**

レース結果





馬名 性齢 重量 騎手 タイム 着差 通過順位 4角
位置
前半
3F
上り
3F


単勝
オッズ


増減 厩舎
1 *

2

3 キクノルア 牡2 55 浜中 1.54.1
    ****
* * 37.9 5 9.9 496 -4 奥村豊
2 *

3

5 タガノディグオ 牡2 55 川島信 1.54.1 クビ
    ****
* * 37.6 1 2.4 524 +10
3 *

5

10 テイエムグッドマン 牡2 55 1.55.2 7
    ****
* * 39.2 2 4.3 480 -2 福島信
4 *

4

8 タルガ 牡2 55 松田 1.55.3 1/2
    ****
* * 38.7 10 58.1 496 -4 大久龍
5 *

1

1 セルリアンアラシ 牡2 55 松若 1.55.3 クビ
    ****
* * 39.1 4 7.7 478 +2 飯田雄
6 *

7

14 アロマティカス 牡2 53 城戸 1.55.6 2
    ****
* * 39.2 6 29.3 446 +8 湯窪
7 *

8

16 コウユーヌレエフ 牡2 55 大下 1.55.7 1/2
    ****
* * 39.0 14 211.9 480 +12 斉藤崇
8 *

8

15 ハニーゴールド セン2 55 藤岡康 1.55.8 1/2
    ****
* * 40.1 3 4.6 490 +2 池江寿
9 *

2

4 アウラマイスター 牡2 55 国分優 1.56.2 2 1/2
    ****
* * 39.0 13 148.0 524 -4 大根田
10 *

1

2 ティモシーブルー 牡2 55 国分恭 1.56.2 クビ
    ****
* * 39.3 9 53.3 492 +6 中尾秀
11 *

7

13 コスモオーリー 牡2 55 高倉 1.56.8 3 1/2
    ****
* * 39.5 15 294.8 486 0 宮本
12 *

3

6 ジュティアン 牝2 54 小牧太 1.56.9 1/2
    ****
* * 39.8 12 118.2 428 +2 中竹
13 *

6

11 メイショウヒカル 牡2 52 荻野極 1.57.0 クビ
    ****
* * 41.0 8 32.1 452 +8 松永昌
14 *

4

7 プロクレイマー 牡2 55 和田竜 1.57.3 2
    ****
* * 40.2 7 31.1 486 -2 石坂正
15 *

6

12 サンナイト 牡2 55 勝浦 1.57.8 3
    ****
* * 41.6 11 73.5 510 -4
除外 *

5

9 カフジグローリー 牡2 55 松山
    ****
* * 522 +2 森田

※成績、配当は主催者発行のものと照合し確認してください。

※上り3F最速の馬は赤字で表示しています。 ※タイムの赤字はレコードを表します。

コーナー通過順
**** ********
**** ********
**** ********
**** ********
平均ハロンなど
平均ハロン ****
上り ****
ペース **
決め手 ****
馬装具 ****
発走状況 ****
通過タイム
600m 800m 1000m 1200m 1400m 1600m
36.8 49.4 1.02.6 1.15.7 1.28.8 1.41.0
ラップタイム
200m 400m 600m 800m 1000m 1200m 1400m 1600m 1800m
12.3 11.6 12.9 12.6 13.2 13.1 13.1 12.2 13.1
払戻金
単勝

3

990円

馬単

3-5

2,910円

複勝

3

5

10

210円

120円

130円

ワイド

3-5

3-10

5-10

530円

560円

220円

枠連

2-3

1,330円

3連複

3-5-10

1,360円

馬連

3-5

1,270円

3連単

3-5-10

10,660円

勝因敗因

 キクノルア(1着)浜中騎手 まだ若さがありますが、父がカネヒキリで適性が十分ありました。なかなかいい勝ちっぷりだったし、これからもっと良くなってきますよ。

次走へのメモ

キクノルア……向正面ではテイエムグッドマンのすぐ後ろから。促されての追走だった。更に4角はメイショウヒカルの内で動きにくい場面があったが、ここで待たされた分、脚が溜まったよう。直線は追われる毎によく伸びてタガノディグオを捉え切った。

次へ

上へ