2016年6月26日 (当日の馬場情報)

3回阪神8日目

9

皆生特別

[指定],(混),1000万下,ハンデ

(芝B・右内)

晴・稍重

  1. 1500万
  2. 600万
  3. 380万
  4. 230万
  5. 150万

レコード1.07.1

推定タイム

*.**.*

**

レース結果





馬名 性齢 重量 騎手 タイム 着差 通過順位 4角
位置
前半
3F
上り
3F


単勝
オッズ


増減 厩舎
1 *

1

1 キーナンバー 牡3 53 国分恭 1.09.4
    ****
* * 34.4 10 22.2 492 -4
2 *

4

7 アレスバローズ 牡4 57 浜中 1.09.7 1 3/4
    ****
* * 35.2 1 3.8 480 -4 角田
3 *

5

10 レッドラウダ 牡3 53 Mデムー 1.09.7 ハナ
    ****
* * 35.1 2 4.2 502 -6 音無
4 *

1

2 オヒア 牝4 55 岩田康 1.09.9 1
    ****
* * 35.2 6 11.6 460 +6 村山
5 *

8

16 スノーエンジェル 牝4 52 戸崎 1.09.9 クビ
    ****
* * 35.2 3 6.2 452 -6 浅見
6 *

4

8 タガノバラード 牝5 53 松山 1.10.0 1/2
    ****
* * 34.7 14 139.2 444 +12 斉藤崇
7 *

7

14 サクラディソール 牝6 52 横山典 1.10.1 3/4
    ****
* * 34.8 12 67.4 440 +4 尾関
8 *

5

9 キタサンラブコール 牡5 56 福永 1.10.2 クビ
    ****
* * 35.2 9 21.3 472 0
9 *

6

11 サンライズポパイ 牡8 54 藤岡康 1.10.3 1/2
    ****
* * 35.0 13 137.0 482 -8 羽月
10 *

8

15 ヴィクタープライム 牡4 57 ルメール 1.10.4 3/4
    ****
* * 35.5 5 11.1 460 0 本田
11 *

7

13 エイシンペペラッツ 牡5 57 武豊 1.10.5 1/2
    ****
* * 34.8 7 12.5 474 -4 田所秀
12 *

6

12 アグネスキズナ セン6 52 鮫島良 1.10.7 1
    ****
* * 35.2 16 245.4 498 -4 長浜
13 *

3

5 フルールシチー 牝5 54 蛯名 1.10.7 クビ
    ****
* * 35.9 4 7.0 516 +4 西園
14 *

2

3 シゲルチャグチャグ 牝4 54 酒井学 1.10.7 ハナ
    ****
* * 36.2 8 18.4 488 +10 柴田光
15 *

3

6 ジェントルハート 牝3 51 鮫島駿 1.11.3 3 1/2
    ****
* * 36.2 11 63.9 476 -8 佐々晶
16 *

2

4 リアルヴィーナス 牝5 54 和田竜 1.11.7 2 1/2
    ****
* * 37.0 15 153.0 460 -4 安達

※成績、配当は主催者発行のものと照合し確認してください。

※上り3F最速の馬は赤字で表示しています。 ※タイムの赤字はレコードを表します。

コーナー通過順
**** ********
**** ********
平均ハロンなど
平均ハロン ****
上り ****
ペース **
決め手 ****
馬装具 ****
発走状況 ****
通過タイム
600m 800m 1000m
34.5 45.9 57.2
ラップタイム
200m 400m 600m 800m 1000m 1200m
12.2 10.9 11.4 11.4 11.3 12.2
払戻金
単勝

1

2,220円

馬単

1-7

11,130円

複勝

1

7

10

540円

160円

180円

ワイド

1-7

1-10

7-10

1,530円

1,940円

410円

枠連

1-4

1,680円

3連複

1-7-10

6,880円

馬連

1-7

4,790円

3連単

1-7-10

59,120円

勝因敗因

 キーナンバー(1着)国分恭騎手 パワータイプで、馬場は問題ありませんでしたね。折り合いがつき、道中で脚が溜まりました。エンジンがかかってからは凄い脚。これからドンドン良くなっていく馬だと思います。

次走へのメモ

キーナンバー……好位のインから。3角手前ではリアルヴィーナスの後ろで一歩引く形だったが、内々からコーナーワークで差を詰めてきて、直線ではアレスバローズの更に内を狙う。そこから追われる毎によく伸びてきた。これで2連勝。2着馬とはハンデ差があったとはいえ、確実に力をつけている。

前へ

次へ

上へ