2016年6月26日 (当日の馬場情報)

3回阪神8日目

3

サラ3歳

[指定],未勝利

(ダート・右)

晴・重

  1. 480万
  2. 190万
  3. 120万
  4. 72万
  5. 48万

レコード1.08.8

推定タイム

*.**.*

**

レース結果





馬名 性齢 重量 騎手 タイム 着差 通過順位 4角
位置
前半
3F
上り
3F


単勝
オッズ


増減 厩舎
1 *

1

1 ウォーターバオバブ 牡3 56 国分恭 1.11.7
    ****
* * 36.7 1 3.1 478 -6 岡田
2 *

8

16 ヴィクトリアマンボ 牝3 54 武豊 1.12.1 2 1/2
    ****
* * 37.4 3 5.6 452 +2 小崎
3 *

5

10 ゼラルダ 牝3 54 福永 1.12.5 2 1/2
    ****
* * 36.7 7 20.4 480 +2 庄野
4 *

2

3 オリエンタルポリス 牡3 56 戸崎 1.12.5 クビ
    ****
* * 36.3 5 8.9 476 -2 服部
5 *

8

15 ウインフェルベール 牡3 56 川田 1.12.5 アタマ
    ****
* * 36.7 4 6.2 478 +8 鮫島
6 *

3

5 メイカーズムービー セン3 56 松田 1.12.6 クビ
    ****
* * 37.7 2 4.6 440 0 中内田
7 *

6

12 ロードリゲル 牡3 53 荻野極 1.12.7 3/4
    ****
* * 37.0 8 23.8 478 +12 清水久
8 *

7

14 アンバーナイト 牡3 56 国分優 1.12.9 3/4
    ****
* * 36.8 15 281.8 512 0 崎山
9 *

3

6 キタサンコトブキ セン3 56 鮫島良 1.12.9 アタマ
    ****
* * 38.2 6 10.9 478 -8
10 *

2

4 テイエムスタンリー 牡3 56 佐久間 1.13.0 3/4
    ****
* * 37.7 9 30.6 460 +12 柴田光
11 *

4

8 テゾーロミノル 牡3 56 藤岡康 1.13.4 2 1/2
    ****
* * 37.3 10 60.4 472 +6 北出
12 *

7

13 シャリマティー 牝3 54 竹之下 1.13.5 クビ
    ****
* * 37.5 11 117.8 438 +2 木原
13 *

6

11 メイショウダイウン 牡3 55 岩崎翼 1.13.8 1 3/4
    ****
* * 38.5 12 136.3 482 0 石橋
14 *

1

2 マリンランプ 牝3 54 中谷 1.13.9 1/2
    ****
* * 37.0 13 174.7 406 0 西村
15 *

4

7 ゴールドバリオス 牡3 56 太宰 1.18.5 大差
    ****
* * 39.8 14 212.2 476 高橋亮
16 *

5

9 スリーノヴェル 牝3 51 森裕 1.19.2 4
    ****
* * 40.3 16 335.6 486 -6 村山

※成績、配当は主催者発行のものと照合し確認してください。

※上り3F最速の馬は赤字で表示しています。 ※タイムの赤字はレコードを表します。

コーナー通過順
**** ********
**** ********
**** ********
平均ハロンなど
平均ハロン ****
上り ****
ペース **
決め手 ****
馬装具 ****
発走状況 ****
通過タイム
600m 800m 1000m
34.7 46.4 58.5
ラップタイム
200m 400m 600m 800m 1000m 1200m
12.3 10.9 11.5 11.7 12.1 13.2
払戻金
単勝

1

310円

馬単

1-16

2,360円

複勝

1

16

10

150円

210円

350円

ワイド

1-16

1-10

10-16

610円

1,010円

1,750円

枠連

1-8

480円

3連複

1-10-16

6,410円

馬連

1-16

1,210円

3連単

1-16-10

26,450円

勝因敗因

 ウォーターバオバブ(1着)国分恭騎手 スタートは悪くなかったし、最後までしっかり反応してくれましたね。力をつけていますし、スタッフがうまく仕上げてくれました。距離が延びても大丈夫だと思うので、今後が楽しみです。

次走へのメモ

ウォーターバオバブ……好位のインから。向正面ではステッキを入れて、テイエムスタンリーに自身の位置を譲らず。これが大きかった。コーナーでは内々を通ってひと息入れる余裕があり、4角を回ってからスムーズにヴィクトリアマンボの外へ。ここでの手応え通りに直線の残り100メートルでは抜け出して、ラストは更にリードを広げていた。

前へ

次へ

上へ