2015年3月1日 (当日の馬場情報)

2回中山2日目

7

サラ3歳

(指定),(混),500万下

(芝A・右外)

雨・良

  1. 720万
  2. 290万
  3. 180万
  4. 110万
  5. 72万

レコード1.06.7

推定タイム

*.**.*

**

レース結果





馬名 性齢 重量 騎手 タイム 着差 通過順位 4角
位置
前半
3F
上り
3F


単勝
オッズ


増減 厩舎
1 *

8

16 アポロノシンザン 牡3 56 蛯名 1.09.2
    ****
* * 34.5 1 2.5 464 +2 堀井
2 *

3

6 スズカブレーン 牡3 56 和田竜 1.09.8 3 1/2
    ****
* * 34.6 4 7.7 474 +2 柄崎
3 *

1

2 ゴールドシャンティ 牝3 54 村田 1.09.9 1/2
    ****
* * 34.7 10 29.0 424 +10 和田雄
4 *

2

3 マイネルエスパス 牡3 56 柴田大 1.10.1 1 1/4
    ****
* * 35.2 6 12.9 500 +2 菊川
5 *

5

10 サダムリスペクト 牡3 56 柴田善 1.10.1 クビ
    ****
* * 34.9 14 91.9 460 +22 本間
6 *

6

11 トーセンペンタゴン 牡3 56 武士沢 1.10.1 アタマ
    ****
* * 34.6 12 69.6 476 +6 菅原
7 *

4

7 トロピカルガーデン 牝3 54 横山典 1.10.4 1 3/4
    ****
* * 35.0 7 16.1 464 0 武藤
8 *

3

5 ヴィクトリースノー 牝3 51 石川裕 1.10.4 クビ
    ****
* * 35.8 11 64.2 392 -2 武井
9 *

5

9 ニューエディション 牝3 54 Cデムー 1.10.5 クビ
    ****
* * 35.5 5 8.9 454 +14 藤原英
10 *

4

8 ヴァリアントアロー 牡3 56 田辺 1.10.5 ハナ
    ****
* * 35.5 3 7.4 482 +4 田村
11 *

2

4 アルマエルモ 牝3 54 三浦 1.10.6 1/2
    ****
* * 35.7 9 22.2 422 -4 高橋文
12 *

1

1 ファインライナー 牡3 56 的場勇 1.10.6 クビ
    ****
* * 34.8 13 72.9 448 +6 的場
13 *

7

14 タタラ 牡3 56 吉田豊 1.10.7 1/2
    ****
* * 35.5 15 104.6 412 +4 和田郎
14 *

6

12 ウィズアットレース 牝3 51 木幡初 1.10.8 1/2
    ****
* * 36.1 8 21.6 424 -10 池上弘
15 *

7

13 バチスタ 牝3 54 岩田康 1.11.1 2
    ****
* * 36.2 2 6.5 444 +4 須貝尚
16 *

8

15 プレッツェル 牡3 53 井上敏 1.11.3 1
    ****
* * 36.4 16 315.2 418 0 松永康

※成績、配当は主催者発行のものと照合し確認してください。

※上り3F最速の馬は赤字で表示しています。 ※タイムの赤字はレコードを表します。

コーナー通過順
**** ********
**** ********
**** ********
平均ハロンなど
平均ハロン ****
上り ****
ペース **
決め手 ****
馬装具 ****
発走状況 ****
通過タイム
600m 800m 1000m
34.6 46.1 57.4
ラップタイム
200m 400m 600m 800m 1000m 1200m
12.1 11.0 11.5 11.5 11.3 11.8
払戻金
単勝

16

250円

馬単

16-6

1,600円

複勝

16

6

2

130円

210円

530円

ワイド

6-16

2-16

2-6

390円

1,560円

2,160円

枠連

3-8

990円

3連複

2-6-16

8,590円

馬連

6-16

1,050円

3連単

16-6-2

28,040円

勝因敗因

アポロノシンザン(1着)蛯名騎手 もう少し長い距離を保たそうといろいろやったが、やはり1200メートルがいいんだね。大外枠で前に壁を作れず行きたがっていたが、それでも今日は強かった。

次走へのメモ

アポロノシンザン……平均的な流れの中で3番手の外を楽な感じで追走。直線で前を交わして突き放すと、最後は流す余裕を見せての勝利。むしろこの距離が適正なのかもしれない。

前へ

次へ

上へ