2014年5月24日 (当日の馬場情報)

3回京都9日目

10

シドニーT

[指定],(混),1600万下,定量

(ダート・右)

晴・良

  1. 1790万
  2. 720万
  3. 450万
  4. 270万
  5. 179万

レコード1.09.1

推定タイム

*.**.*

**

レース結果





馬名 性齢 重量 騎手 タイム 着差 通過順位 4角
位置
前半
3F
上り
3F


単勝
オッズ


増減 厩舎
1 *

2

4 マルヴァーンヒルズ 牡4 57 小牧太 1.11.2
    ****
* * 35.8 7 18.9 526 +10 荒川
2 *

2

3 アメージングタクト 牡4 57 岩田康 1.11.5 1 3/4
    ****
* * 35.1 3 5.1 452 +2 浜田
3 *

6

11 ゴーイングパワー 牡5 57 和田竜 1.11.5 クビ
    ****
* * 35.8 5 11.8 492 -2 岩元
4 *

4

7 カフェシュプリーム 牡5 57 川田 1.11.7 1
    ****
* * 36.2 2 4.0 506 -8 池江寿
5 *

7

14 セイラ 牝5 55 藤田伸 1.12.1 2 1/2
    ****
* * 35.5 11 47.2 456 -2 飯田雄
6 *

7

13 シゲルスダチ 牡5 57 藤岡佑 1.12.1 クビ
    ****
* * 35.6 12 65.3 438 +2 西園
7 *

8

16 ミヤジエルビス 牡4 57 浜中 1.12.2 3/4
    ****
* * 35.3 6 16.4 498 +4 川村
8 *

5

10 エーシンクルゼ 牡5 57 福永 1.12.3 1/2
    ****
* * 36.5 1 3.1 540 +8 川村
9 *

1

1 ヤマノサファイア 牡6 57 1.12.3 クビ
    ****
* * 35.6 10 44.1 444 +4 崎山
10 *

6

12 クランチタイム 牡6 57 高田 1.12.4 クビ
    ****
* * 36.1 16 195.8 506 0 木原
11 *

5

9 ドリームコンサート 牡5 57 武豊 1.12.4 クビ
    ****
* * 36.8 4 6.6 504 -8 河内
12 *

3

5 サウスビクトル 牡5 57 田辺 1.12.6 3/4
    ****
* * 36.5 8 38.5 470 -4 久保田
13 *

1

2 サザンブレイズ 牡6 57 酒井学 1.12.6 アタマ
    ****
* * 36.8 15 195.4 480 0 加用
14 *

4

8 フォルテリコルド 牡5 57 1.12.6 クビ
    ****
* * 36.4 13 100.2 538 -2 古賀史
15 *

8

15 タイセイマスタング 牡5 57 松山 1.12.8 1 1/4
    ****
* * 36.9 9 40.7 542 -8 羽月
16 *

3

6 レッドヴァンクール セン8 57 四位 1.12.9 3/4
    ****
* * 35.7 14 131.3 510 -6 鹿戸雄

※成績、配当は主催者発行のものと照合し確認してください。

※上り3F最速の馬は赤字で表示しています。 ※タイムの赤字はレコードを表します。

コーナー通過順
**** ********
**** ********
**** ********
平均ハロンなど
平均ハロン ****
上り ****
ペース **
決め手 ****
馬装具 ****
発走状況 ****
通過タイム
600m 800m 1000m
35.4 47.5 59.3
ラップタイム
200m 400m 600m 800m 1000m 1200m
12.5 11.1 11.8 12.1 11.8 11.9
払戻金
単勝

4

1,890円

馬単

4-3

7,830円

複勝

4

3

11

350円

180円

350円

ワイド

3-4

4-11

3-11

1,310円

2,720円

1,290円

枠連

2-2

3,390円

3連複

3-4-11

14,990円

馬連

3-4

3,010円

3連単

4-3-11

120,250円

勝因敗因

マルヴァーンヒルズ(1着)小牧太騎手 スタートが良かったです。それに内枠とあってスンナリとハナへ。今日はそれが勝因でしょう。道中は持ったまま。楽に運ぶことができました。

次走へのメモ

マルヴァーンヒルズ……無理することなくジンワリとハナを奪ってマイペース。4角を回る時には1馬身ちょっとのリードを取り、伸びあぐねる後続を尻目にスイスイ逃げ切ってしまった。キツく来られず展開は楽だったが、それでも3連勝は至難。10キロ増で気持ち余裕残しの体つきに映ったし、まだまだ伸びしろがある。

前へ

次へ

上へ